作業環境測定

概要

産業の発展に伴う材料の多様化・細分化が進んでおり、作業環境計測に求められる仕様は複雑になっています。
特にナノ材料製造の分野においては、CNT・フラーレン・二酸化チタンなど人体に影響を懸念される素材が増えており、環境管理の必要性が大きくなっています。
また、製品品質管理において、オイルミストの管理が必須になってきている場面もあり、対応できる測定器をご提案します。

ナノ材料製造現場計測

 個数濃度評価の必要性とは


作業環境計測においては、重量濃度評価が一般的であるが、ナノ粒子の呼吸器深部への影響や沈着率などを考慮した場合に、 粒子径別の個数濃度が有効な評価となる場合がある。
特に下記グラフの様に重量濃度ではほとんどデータとして得られない場合でも、粒子数としては非常に多いケースがある。


 許容暴露濃度との比較に活用(年に数回の炭素分析)


 日常暴露管理空間・時間分布の把握へ活用


日常の暴露管理では簡易かつリアルタイムな計測値が得られるエアロゾル計測器が望まれる。
常時モニタリングをする事で、過失による暴露や局所排気設備の故障などに気づく事が可能になる。
ナノ材料が飛散した際に、比較的凝集している状態である事から、簡易カーボン測定器やリアルタイム高性能粉塵計が必要とされる。


オイルミスト計測

高濃度で飛散するオイルミストをリアルタイムで計測する事で、瞬時に問題点を洗い出す事や、品質管理向上への有用なデータを得る事が可能になる。


粒子分級捕集(30nm~)

多段式カスケードインパクターは、多段・多孔式ジェットノズルノズルにより、エアロゾルの分級サンプリングを可能にします。
空気動動力学的粒子径として各粒子径を任意の捕集材に捉えられ、粒子サイズ毎の重量評価や化学分析への応用が期待されます。