室内環境/作業環境測定

概要

概要
環境中の浮遊粒子状物質(PM2.5、ナノ粒子、オイルミスト、ヒューム等)の計測装置及びガスセンサを取り扱っています。

室内環境測定:
社会生活を送る上で、人は一日の大半の時間を室内で過ごすといわれています。そのような社会環境や、最近の新型コロナウイルス感染症の蔓延から室内空気質(IAQ:Indoor Air Quality)への関心・重要度は日増しに高まっております。室内環境測定に活用可能な様々な測定器を提案する事で、安心して暮らせる住みよい環境づくりやIAQ向上へ貢献いたします。

作業環境測定:
産業の発展に伴う材料の多様化・細分化が進んでおり、作業環境測定に求められる内容は複雑になっています。特にナノ材料製造の分野においては、CNT・フラーレン・TiO2など人体への影響を懸念される素材が増えており、環境管理の必要性が高まっています。
また近年では製品品質管理や労働環境改善を目的とした浮遊しているオイルミストの環境測定も重要性を増してきております。
ナノ材料、オイルミストといった特殊な粒子計測にも活用可能な様々な測定器を提案する事で、安心して働ける環境づくりへ貢献いたします。

室内環境中浮遊粒子計測 [製品一覧]

PM2.5は屋外大気だけの問題ではなく、日常の多くの時間を過ごす家庭やオフィスや店舗内などでも管理されていることが望ましく、空調設備や空気清浄機などにより対策を行うケースが増えています。浮遊微粒子を含む室内空気質(IAQ:Indoor Air Quality)への関心は年々高まっています。国際標準規格では室内空気の測定法等をISO16000シリーズにて定めていますが、2018年に浮遊微小粒子の測定計画について(ISO16000-34)、2019年にはPM2.5質量濃度の測定(ISO16000-37)が新たに追加されました。
また、近年話題となっているマイクロプラスチック(MPs)に関しましても、海洋中、大気中の他、屋内に浮遊しているMPsも注目され始めております。
これらの浮遊粒子を計測可能な計測器を紹介いたします。


参考資料

室内環境中浮遊粒子計測[pdf資料]

大気中マイクロプラスチック関連製品パンフレット[pdf資料]

ローコストセンサの紹介[pdf資料]

width="300"
室内空気質と感染リスク指数のモニタリング[pdf資料]

飛沫計測 [製品一覧]

飛沫には病気の原因となる細菌・ウイルスといった病原体が含まれている場合があります。現在、新型コロナウイルス感染症の蔓延から、屋内外における飛沫の挙動等に関する関心が高まっております。
飛沫は数μm、飛沫核となるウイルス等は代表的な物で0.1μm程度と言われており幅広い粒径の計測が求められます。これら飛沫やウイルスをエアロゾルとして捉えリアルタイムに計測する事が可能な計測器を紹介いたします


参考資料

width="300"
バイオエアロゾル(ウィルスやウィルスを含む飛沫)の研究機器のご紹介[pdf資料]

新型コロナウイルス関連 [製品一覧]

弊社(東京ダイレック株式会社)は国内外の計測装置の取り扱いをさせて頂いております。
試験装置の名称とリンクをまとめさせていただきました。これらの情報が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

オイルミスト計測 [製品一覧]

現在、様々な労働環境において切削油や潤滑油が日常的に使用されています。これらが液滴化した物や、熱によって蒸発、再凝縮する事によりオイルミストが発生し、健康影響や労働環境への影響、製品の品質への影響が懸念されております。現状把握、モニタリング、対策の評価、検証用として使用可能なオイルミスト計測機を紹介いたします。


参考資料

環境中オイルミスト計測器の紹介[pdf資料]

ナノ材料製造・加工現場測定 [製品一覧]

世界各国で検討されているナノ規制や、欧州REACH規則の改正に代表される通り、ナノフォーム材料の飛散性や排出特性、人体への暴露推定への重要性が増しています。 ナノマテリアル製造現場における作業環境計測においては、重量濃度評価が一般的ですが、ナノ粒子の呼吸器深部への影響や肺への沈着率などを推定する場合、粒子径別の個数濃度計測が有効な手法となる場合があります。
加えてナノレンジの個数濃度評価だけなく、ナノ粒子は凝集しやすい特性もあるため、作業環境中のナノ粒子の挙動をより正確に把握するためにはナノサイズ~ミクロンサイズと幅広いレンジ計測が望まれます。
複数の計測器を組合わせる事によって、現場で簡単に10nm~10μmといったワイドレンジ計測を行う事が可能となります。


参考資料

width="300"
ナノ規制関連プレゼンテーション[pdf資料]

REACH改定に伴うナノフォーム材料の飛散性(Dustiness)測定法[pdf資料]

ナノ炭素材料の作業環境計測[製品一覧]

CNTは、現在様々な分野で注目されており、使用量が増えているナノ材料でありながら、その形状がアスベストに似ている事から健康影響、計測手法に関して研究・検討がなされてきました。
現在、一部製品で「がん原性指針」に追加された事によって、CNT全体の作業環境管理及び現場の状態管理を行う事が推奨されております。

CNT取扱作業現場における日常の暴露管理では、簡易かつリアルタイムな計測値が得られるエアロゾル計測器が望まれております。これらを使い日常的な濃度管理をする事によって、作業者への暴露や局所排気設備の故障等に気づく事が可能となります。
日常的な濃度管理に用いられる計測機は、年に数回、精度の高い分析装置との比較を行うことで、測定値の信頼性を維持することが可能となります。
ここで紹介する装置は、技術研究組合単層CNT融合新材料研究開発機構(TASC)が2017年に発行したナノ炭素材料(カーボンナノチューブ、グラフェン)の排出・暴露評価の手引きにも記載されています。


参考資料

カーボンナノチューブの作業環境計測について[pdf資料]

廃炉・燃料デブリ加工現場での粒子計測 [製品一覧]

燃料デブリ加工時のダスト等の拡散防止や、加工点近傍における拡散防止構造と効率的な集塵技術・拡散抑制技術について現場適用性評価に必要な粒子計測装置をラインナップしております。


参考資料

廃炉・燃料デブリ加工現場での粒子計測[pdf資料]