東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
分野別製品一覧
大気環境計測
PM2.5自動計測
エアーサンプラー 他
室内・作業環境計測
ナノマテリアル計測
クリーンルーム計測 他
自動車排気粒子計測
PEMS-PN計測器
ブローバイ計測 他
フィルター
フィルター効率試験
ナノ粒子研究
ナノ粒子発生
粒子サンプリング 他
製薬研究・開発
薬剤粒子計測
生体粒子計測 他
粒子研究
UFP計測
トナー粒子計測、他
流体計測"
3次元可視化流速計
PIV/LDV/PDPA 他
各種フィルター
テフロー・
石英・ガラス繊維 他
お知らせ
new 2016/11 【お知らせ】サポートリング付PTFEフィルターにナンバリング付タイプ追加
サポートリング付PTFEフィルターにナンバリング付タイプを追加しました。ナンバリングされているので、従来のタイプに比べサンプルの区分と管理が容易になります。是非お試しください。
new 2016/10 【お知らせ】PM関連セミナー「自動車ブレーキ粉じんと計測手法」のお知らせ
大気環境学会 自動車環境分科会主催のセミナー「自動車ブレーキ粉じんと計測手法」が開催されます。ブレーキ粉じんの研究をされている研究者や海外計測器メーカ の講師が、ブレーキ粉じんの発生メカニズム、計測手法、国内外の動向など幅広い話題について講演されます。是非、ご参加ください。
  2016/7 【お知らせ】自社研究レポート「Dekati社製HR ELPI+を用いた標準粒子等の計測例」をご紹介致します
HR ELPI+は、従来のELPI+に専用のソフトウエア(HR ELPI+Y)を組合わせ、データ変換によりチャンネル数を100又は500チャンネルに増やすことが可能となっている。 今回、HR ELPI+の性能を評価するため、サイズの異なるPSL標準粒子やDMAで分級した単分散のオイル粒子の計測を試みた。
  2016/7 【お知らせ】粒径範囲を1nmまで広げた走査式モビリティパーティクルサイザー TSI社製1nm SMPS 3938E77が発売されました。
従来モデルに、Model 3777 Nano Enhancer と Model 3086 Differential Mobility Analyzer(1nm-DMA)を追加することによって、粒径範囲は最小1nmまで広がりました。
  2016/7 【お知らせ】大気中ガス成分測定のために使用する機材について紹介いたします。
平成28年4月に環境省が発表したPM2.5成分測定マニュアル「ガス成分の測定方法」に沿った内容になっております。
2016/4 【お知らせ】TSI社製OPS 3330、NanoScan 3910の校正サービスを開始致しました。
校正サービスには清掃、点検、消耗品の交換、調整、校正、動作確認を含みます。
詳細につきましては、弊社技術部宛にお問合せください。
展示会情報
new 2016/6 【出展情報】「国際紛体工業展2016」にて機器展示いたします。
                 (2016/11/30〜12/2、東京ビックサイト)
PM2.5計測器ラインアップ
NanoScan SMPS モデル3910
TSIオンラインセミナー
お問い合わせ
修理・オーバーホール・校正
Page Top
| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.