製品情報

揮発性粒子除去装置 Catalytic Stripper

欧州次期排ガス規制へ導入検討されている揮発性粒子除去装置

概要

カタログダウンロード[PDF]


ガソリンエンジン/ディーゼルエンジンの排気ガスは、スス粒子などの固体粒子とHC(Hydrocarbon)などの揮発性粒子により構成されていると言われております。
これら排気ガス中の粒子特性を理解することは、内燃機関およびGPF/DPFの排ガス後処理装置への研究・製品開発において、重要な要素となります。
Catalytic Stripper(CS)はPM(Particulate Matter)計測精度を向上することを目的に開発された、次期ヨーロッパ排ガス規制でも導入が検討されている、次世代の揮発性粒子除去装置です。

 

関連機器



【自動車計測向け関連資料】
DPF/GPF性能評価システムの提案資料

特徴

  • 計測器に合せた流量を選択
  • 高いHC除去効率
  • 小型で持ち運びが可能
  • 外部ロギングオプションあり(USB)

応用例

  • 23 nm以下の自動車排ガスPM計測
  • 大気環境におけるBC(ブラックカーボン)計測
  • お持ちの一次希釈装置や計測器との組み合わせで   フレキシブルな運用が可能

仕様

対応流量 1.5 , 8.0 , 10.0 , 15.0 L/min
*その他、カスタム流量設計に対応
除去効率 > 99 % (プロパン)
粒子ロス <約40 % (100 nm時)
設定温度 350 °C
処理後ガス温度 室温+25℃ 程度
電源 100~240 VAC, 50/60 Hz, 210 W最大(40 W常時)

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。