製品情報

リアルタイム自排微粒子解析装置 EEPS3090

- エンジンから排出される粒子の個数濃度及び粒径分布をリアルタイム計測 -

概要

モデル 3090 Engine Exhaust Particle Sizer(EEPS) Spectrometer は、自動車排ガス用の計測装置として開発され、エンジンより排出される粒子(5.6~560nm)の個数濃度及び粒径分布をリアルタイム(0.1秒毎)に計測が可能です。
トランジェントモード時の粒子研究や過渡計測において充分に対応することが出来る自動車排ガス用計測装置です。

eeps3090

カタログダウンロード[PDF]

特徴

  • 充実した多機能ソフトウェアで、計測結果を粒径分布グラフ、3次元グラフなどでリアルタイム表示
  • 高い分級能:32チャンネル
  • 拡散荷電を用いているため、中和器などの放射線源が不要
  • 0.1秒毎のリアルタイム粒径分布計測が可能
  • 幅広い計測粒径レンジ:5.6~560 nm

応用例

  • 過渡計測 
  • 自動車のトランジェント計測
  • 3Dプリンター研究 他

仕様

粒径の種類 モビリティー径
粒子径範囲 5.6~560 nm
分級能 32 ch
時間分解能 0.1 秒
チャージャー 拡散チャージャー
ディスプレイ カラー/データをリアルタイムに表示
エアロゾル温度 10~52 ℃
湿度範囲 0~95 %
重量 32 kg
寸法 H704×W343×D439 mm
ユーティリティ 100V 250W 50/60Hz

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

関連機器・参考情報