製品情報

miniCAST C シリーズ

卓上/小型タイプで幅広い粒径のスス粒子を安定発生

概要

カタログダウンロード[PDF]


シリーズCは用途に合わせ4モデルをラインアップ、大流量モデル
は最大2.0 g/hのススの安定発生が可能です。
発生するスス粒子の粒径は、平均径で10~200 nm(公称)の範囲で
任意に変更することが可能です。
装置が軽量/小型のため卓上でのDPF/GPF簡易検査装置への組
み込みなど、幅広いアプリケーションに対応することが出来ます。

 

関連機器


  • SMPS3938シリーズ

    DPF/GPF開発向け粒子径分布計測装置
  • EEPS3090

    sub23nm計測対応リアルタイム式粒子径分布計測装置

【自動車計測向け関連資料】
エンジン排ガスPN計測装置紹介
RDE向け研究開発用PN計測器紹介
DPF/GPF性能評価システムの提案資料

特徴

  • 拡散燃焼/予混合燃焼によりスス粒子を発生
  • ソフトウェアによる運転
  • 燃料としてプロパンガスを使用
  • 最高250 mbarまでの背圧に対応(オプション)
  • 平均径10-200 nmの粒子を任意に発生(アドバンスモード)
  • プリセッティングモードで簡易にスス粒子を発生
  • 高い再現性で長時間の安定発生
  • 安全機構搭載

応用例

  • DPF/GPFの開発
  • エアロゾル研究
  • 粒子計測装置の校正/動作チェック
  • スートセンサーの開発
  • フィルタ性能評価

仕様

粒子 燃焼スス粒子
粒子径 10-200 nm
発生流量 6301C: 約12 L/min
5301C: 約30 L/min
5303C: 約120 L/min
5304C: 約200 L/min
発生質量 6301C: 最大45 mg/h
5301C: 最大0.5 g/h
5303C: 最大1.5 g/h
5304C: 最大2.0 g/h
ガス温度 100±40 ℃
精度 < 5 % 個数濃度&発生質量
< 2 % 粒子径(±3 nm)
再現性 2~4 %
燃料 プロパン
酸化/希釈エアー コンプレッサーエアー
不完全燃焼用混合ガス 窒素
粒子コントロール 高精度マスフローコントローラー
電源 115 VAC ( IN 24 VDC)
寸法(LWH) 400 x 430 x 320 mm
重量 10 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。