製品情報

大気用ローボリュームサンプラー FRM2000i

-USEPA(米国環境保護庁)の米国連邦規格(FRM)認証方式でサンプリングが可能-

概要

カタログダウンロード[PDF]


本サンプラーは「R&P社 オリジナルローボリュームサンプラー 型式:2000」を基本とし、米国環境庁およびその研究機関の永年の実験結果により改良が重ねられ、完成された米国連邦規格(Federal Reference Method:FRM)を満たす PM2.5サンプラーです。
日本においても、2008年5月JIS Z 8851の基準サンプラーとして認定されました。


 


関連機器




  • FRM2025i


    16枚連続交換式シーケンシャルサンプラー




特徴

  • PM2.5、PM10、PM-CoarseサンプラーとしてUSEPAによる認証(RFPS-0498-118、RFPS-1298-127、RPFS-0509-176)

  • 環境省が定める以下PM2.5測定マニュアルに準拠
    -常時監視マニュアル フィルタ捕集-質量法(標準測定法)
    -成分測定用微小粒子状物質捕集法

  • JIS Z 8851 「大気中のPM2.5測定用サンプラ」準拠

  • PM2.5分粒器は、WINS(インパクタ)、VSCC(サイクロン)より選択可
    -40 ℃~50 ℃という幅広い気温の変化に対応

  • 揮発性物質の過度の揮発・発散を防ぎ、自然な状態でのサンプリング

  • フィルタはカセットごと交換。簡便で風雨の影響を受けない

  • 圧力、温度補正による標準積算流量演算

  • 停電時自動復帰、流量演算

  • イーサネットの接続が可能に

仕様

サンプル流量

16.7 LPM

フィルタ径

φ47 mm

カット特性

2.5 µm(50 %off) ※PM10,TSP 変更可

周囲温度

-40~50 ℃ ※-20 ℃以下は要保

データ出力

0-5VDC 及び RS-232

寸法(WHD)/重量(kg)※変圧トランス含む、インレット・突起物は含まない

470×655× 370(mm)/39 kg

電源

100 VAC

使用推奨フィルタ

テフロー(Teflo)フィルタ

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。