製品情報

大気用シーケンシャルサンプラー FRM 2025i

-USEPA(米国環境保護庁)の米国連邦規格(FRM)認証方式でサンプリングが可能-

概要

カタログダウンロード[PDF]


2025iは最先端のシーケンシャル(連続)大気サンプラーです。φ47 mmのフィルタをユーザーの設定した時間や状態に従い、自動で交換します。フィルタカセットは16 個装備できるので、最長2 週間日中の無人測定が可能です。
本装置は屋外のサンプリング向けに設計されており、シェルター無しでも稼働します。粒子を含んだ大気は分級またはTSPインレットを通過し、φ47 mmのフィルタに捕集されます。同径であれば多様なフィルタを使用してサンプリングが行えます。
内蔵ポンプはマスフローコントローラーとサンプルフィルタを通して空気を吸引します。

 

関連機器


  • カートリッジ3500

    PM2.5サンプラー前段に装着する事で、ガス成分のサンプリングが可能

特徴

  • PM2.5、PM10、PM-CoarseサンプラーとしてUSEPAによる認証(RFPS-0498-118、RFPS-1298-127、RPFS-0509-176)
  • 環境省が定める以下PM2.5測定マニュアルに準拠
    -常時監視マニュアル フィルタ捕集-質量法(標準測定法)
    -成分測定用微小粒子状物質捕集法
  • JIS Z 8851大気中のPM2.5測定用サンプラー
  • PM2.5分粒器は、WINS(インパクタ)、VSCC(サイクロン)より選択可
  • フィルタ16枚で連続サンプリング可能
  • データの保存容量が増加
  • イーサネットの接続が可能に
  • 大きな画面で操作がしやすく

仕様

サンプル流量 16.7 LPM
フィルタ径 φ47 mm
インレット PM-2.5,PM-10(選択可)
環境温度 -30~50 ℃ ※オプション使用時-40 ℃
データ出力 0-5VDC 及び RS-232
寸法(WHD) / 重量(kg)※変圧トランス含む、 インレット・突起物は 含まない 寸法:640×788× 402(mm)
重量:55 kg
電源 100 VAC

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。