製品情報

Water-based 凝縮粒子カウンター EPC3783(WCPC)

- 最小検出粒径7 nm。屋内外の環境モニタリングに。 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3783EPC(Environmental Particle Counter Monitor)は、リアルタイムにUFP(超微小粒子)の個数濃度を計測します。凝縮液に水を用い、最小7 nmの粒子を検出します。106  個/ccの高濃度まで対応しております。

屋内外の環境モニタリング装置として、長期の連続運転が可能です。様々な計測条件に柔軟に対応したモデル3783EPCはサンプル流量やサンプル口の取り口の切り替え等容易に行えます。

特徴

  • 自己診断機能付き
  • 最小検出粒径 7 nm (D50)
  • 単独または外部PCを介してソフトウェアでのオペレーションが可能
  • インレット流量 0.6 L/minまたは3.0 L/min
  • 検出濃度限界 106  個/cc(シングルカウント)
  • サンプルインターバル最短 1 秒
  • 19インチラックに設置可能
  • 最小限のメンテナンス
  • タッチスクリーン操作性向上
  • 容易なデータ取得

仕様

粒径範囲 検出限界径:7 nm(Sucroseの場合)
最大粒子径:>3 μm
対応濃度 0~1×106  個/cc (シングルカウントモード)
濃度精度 106  個/cc ±10 %
偽計数 <0.01  個/cc(1時間平均値)
応答時間 <3 秒(High-flow),<5 秒(Low-flow)(T95の場合)
流量 High-flow:3±0.3 L/min
Low-flow:0.6±0.06 L/min
Aerosol:120±12 cc/min
エアロゾル媒体 空気
作動環境 作動温度:10~38 ℃
作動湿度:0~90 % RH(結露なきこと)
作動大気圧:50~110 kPa
インレット圧:0~-5 kPa
凝縮液 液体:水(蒸留水)
供給システム:500 mlボトル/約2週間
消費量:250 ml/week
吸引ポンプ 外部接続(標準備品には含まれません)
通信 プロトコル:ASCⅡコマンドセット
インターフェイス:RS-232,USBタイプB,Ethernet
データログ:USB flashドライブ
データ平均化:1,2,4,5,6,10,12,15,20,30,60 秒(最大3600 秒/ソフトウェア)
出力 ディスプレイ:9インチ VCA(タッチスクリーン,濃度,時間,トータルカウント,ステータス表示)
アナログ:BNCコネクター(0~4 V)
デジタル:データダウンロード(USB,RS-232使用)
ソフトウェア TSI Aerosol Instrument Manager Software
校正 年一回推奨
電源 100-240 VAC,50/60 Hz,最大175
接続 インレット:1/4インチチューブ
Low-flowインレット:1/4スウェジロックチューブ継手
寸法(HWD) 8 × 19 × 12 inch(供給ボトルと固定具は除く)
重量 9.9 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。