製品情報

両極帯電粒子計測器 BOLAR

-5段階の粒径の陽極帯電と陰極帯電の帯電量と分布が測定できます-

概要

カタログダウンロード[PDF]


乾燥粉体吸入剤(DPI)および定量噴霧式吸入器(MDI)によって運ばれる吸入エアロゾルは肺沈着において、エアロゾル生成器の電荷の影響を受ける事が分かってきています。
Dekati社製Bipolar Charge Analyzer( BOLAR )は、粒径毎に帯電量を測定する事が可能であり、医療及びデバイスの分野において、画期的な開発データを得ることができます。
陽極帯電及び陰極帯電された粒子は吸入デバイスが異ると、キャリアー、粒子デザイン、使用状況により著しく状態が変化します。
BOLARは吸入器開発において今まで困難だった、粒径毎に陽極帯電粒子と陰極帯電粒子を分離し、測定することを可能にしました。
粒径毎に、質量、陽極帯電量及び陰極帯電量を測定するとともに、それぞれに帯電付着した捕集粒子を分析用に集めることが可能です。

特徴

  • 帯電量と質量データに対する容易な分析が可能
  • ユーザー・インターフェースを備えた7インチディスプレイ
  • サンプル流量30-90LPM
  • 標準USP入口接続
  • 計測前の自動セルフチェック
  • 自動連続計測テスト
  • 5つの粒径の両極帯電粒径分布
  • 陽極帯電と陰極帯電の帯電量測定
  • 捕集粒子の解析利用

応用例

  • DPI、MDIおよびネブライザーの開発
  • 製薬産業に特化した仕様
  • 薬物の肺沈着最適化 他
  • 吸入器などの開発

仕様

粒径範囲 0 ~ 12.8 μm
チャンネル数 5チャンネル
エレクトロメーター数 17個
データ収集速度 10 Hz
感度 10 pC
サンプル流量 60 LPM(30 ~ 90 LPM)
PC接続方法 RS-232 Serial
データ保存 USB
ポンプ性能 35 ~ 95 SLPM @ 400 mbar(使用するサンプル流量に応じる)
寸法 H595 x W670 x D552 mm
捕集板径 52 mm
重量 90 kg
動作温度 10~35 ℃
動作湿度 0~90%RH(結露がない事)
電源 100~250 V、50-60 Hz、200 W
インレット接続口 スタンダード USP インレット

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。