製品情報

アンダーセンスタックサンプラー AS-500

- 固定発生源、燃焼粒子の粒径測定を目的としたサンプラー -

概要

カタログダウンロード[PDF]


本サンプラーは、多段・多孔ジェットノズルによる慣性衝突分離機構を持ち、各段毎に数百個の円形ノズルで発生したジェットによって、空気動力学的粒径として最小0.36 µmから最大30 µmまでの粒子を8段に分級捕集します。

サンプリングヘッドは、高温煙道内に直接装着され、サンプリングしますので、水分の凝縮等の問題はありません。

材質は耐高温性、耐腐食ガス性を考慮し、全ステンレス製です。
AS500

特徴

  • 空気動力学的粒径としてエアロゾルの粒度分布測定が可能
  • 煙道内直接サンプリングが可能
  • 分級範囲 0.36 ~ 30 µm
  • 多段・多孔式ジェットノズルを備えたインパクター方式を採用

応用例

  • 煙道中粒子の粒径測定
  • 空気浄化装置スクラバー
  • 電気集塵機等の粉塵の粒径効果及び効率の評価
  • プロセスコントロール
  • 集塵率・捕集率を決めるエンジニアリングデータ収集
  • 高温、腐蝕ガス等悪条件下における分級捕集 他

仕様

分級範囲 0.36~30 µm
粒径分類 8段階
吸引流量 2.8~28.3 L/min
煙道内の噴流速範囲 (20 L/min前後が適切な流量です) 0.6~37 m/sec
最高使用温度 815 ℃
使用温度 250 ℃迄 テフロン・ガスケット使用
最高使用温度 815 ℃迄 ステンレス・ガスケット使用

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。