製品情報

AIR-X/COMPACT AIR-X

エンジンオイル中のエアレーション含有率をオンラインにてリアルタイム計測

概要

燃費向上などを目的としたエンジンのダウンサイジングが進む中エンジンオイル中の気泡率(エアレーション)の評価も必要になると考えられます。
オイル中に気泡が混合していると、潤滑性の低下や劣化、キャビテーション、オイルクーラーなどの熱伝達低下、油圧回路の出力低下などへ影響があると言われています。
そこで、このDSi社製 AIR-X/Compact AIR-Xは、エンジン研究用にオイルパンやギアボックス等に混入しているエアレーション率をオンラインでモニタリングすることができます。
計測原理はX線透過率による密度を計測する理論に基づいており、オイルは、エンジンなどから検出部チャンバに連続的に流れて計測します。

カタログダウンロード[PDF]

特徴

  • 計測に必要なオイル量が0.5L以下
  • 圧力・温度補正機能あり
  • 常圧・加圧ラインどちらの条件でも評価可能
  • 内蔵ポンプにより循環が可能(Compact AIR-Xはオプション)
  • オイルギャラリーからのサンプリング用で専用ニードルバルブ標準搭載
  • 計測チャンバー内のオイル流れを可視化
  • 計測時間は最短1秒から最大数時間まで設定可能(条件による)
  • 外部信号をソフトウェアに入力可能

応用例

  • オイルパンのエアレーション率計測
  • オイルギャラリーのエアレーション率計測
  • ギアボックスのエアレーション率計測

仕様

計測レンジ 0% ~100%
サンプルオイル必要量 0.5 ℓ以下(ホース長による)
データ取得時間 1秒から最大数時間まで設定可能(条件による)
対応温度レンジ -10°C ~160°C
対応圧力レンジ 最大10bar (Compact AIR-X=最大8bar)
計測チャンバー内流量 • 内部ポンプを使用して0.5L/minから5L/minで流量調整可能
• AIR-Xソフトウェアを使用し、リモート制御可能
エアレーション率計測精度 • 計測時間10秒設定時: 0.5%
• 計測時間100秒設定時: 0.2%
サンプリングユニット(AIR-Xの場合)[テストベンチ据え置き型] • 600mm (幅) x 500mm (高) x 400mm (奥)
• 重量: ~40 kg
リモートコントロールユニット • 14~15インチTFTスクリーン搭載PC
• Windows + AIR-X用データ解析ソフトウェア
電源 110-220VAC/60-50Hz (選択可能) – 電力消費量1kW以下(AIR-Xの場合)

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。