煙道PM2.5測定

煙道内PM2.5、凝縮性ダスト(CPM)測定について

煙道PM2.5測定対象

煙道内PM2.5
煙突の中で既にPM2.5状のもの

     → VI-PM2.5で捕集


凝縮性ダスト
煙突から出るときは粒子状ではないが、大気への放出により冷却・凝縮してPM2.5に変化

     →大気を模擬して希釈後、捕集


※従来、H2SO4 ミスト、SO2、炭化水素、HCl 等のガス状物質やZn、Pb 等の低沸点金属等が主であったが、最近は有機物が多い

煙道PM2.5測定の動向

2008年   東京都が全国に先駆けて調査実施 ※当時はJIS法がなかった為、カスケードインパクタ(CI)使用
2012年    バーチャルインパクター(VI)がISO(13271)に制定
2013年    バーチャルインパクターがJIS (Z 7152)に制定
2013年    凝縮性ダスト測定法がISO(25597)に制定
2013年12月  環境省による煙道PM2.5調査開始(PM2.5、凝縮性ダスト)
2014年11月  千葉県が煙道PM2.5測定を開始(PM2.5、凝縮性ダスト)
2015年    横浜市、川崎市、埼玉県が煙道PM2.5測定を開始(PM2.5、凝縮性ダスト)
2020年07月  納入状況 VI-PM2.5 10台 凝縮性ダストサンプリングシステム 4式(民間企業、官公庁含む)

環境省の煙道PM2.5測定状況

1st 2013年度
・VIとCIの相関性チェック→相関が認められず。VIで一本化された。
・凝縮性ダストに関する海外動向調査→空気希釈法で一本化された。 


2nd 2014年度
・VIは諸条件で測定実施(煙道内粒径分布自動計測を含む)
・凝縮性ダスト測定開始 


2015年度
・凝縮性ダスト測定方法の確立に向けたプロジェクト開始(~2017年度)

煙道内PM2.5 サンプリングシステム概要

凝縮性ダスト サンプリングシステム概要

凝縮性ダスト評価手法例

揮発性分布の評価により、再現性の高い凝縮性ダストの測定が可能であることが報告された。※1


揮発性分布:有機物を対象とした凝縮性ダストの表現方法。粒子・ガス分配の測定により導出。

      3点以上の希釈倍率別に、粒子状有機炭素、ガス状有機炭素の濃度を測定する。

出典:藤谷ら、大気環境学会2016、2017

※1 環境研究総合推進費課題番号:5-1506燃焼発生源における希釈法による凝縮性一次粒子揮発特性の評価法の確立

  (課題代表者:国立環境研究所藤谷雄二氏)

その他、煙道内 微粒子計測装置多数ラインナップ!

■粒径分布■
アンダーセンスタックサンプラー AS-500
JIS K 0302法、煙道内粒径分布測定のスタンダード。
カスケードインパクタ方式で、8段階の粒子径に分級可能。 

 


■粒径分布自動計測(サブミクロン~)■
エアロゾルスペクトロメーター WELAS digital
粒径分布の自動計測装置。0.2~105µmの粒径分布を256チャンネルで測定可。250℃耐熱モデルは、煙道排ガスを希釈なしダイレクトで測定可。 

 


■粒径分布自動計測(ナノ~)■
高温用電子式低圧インパクター HT ELPI+
粒径分布の自動計測装置。各段捕集プレート上の微粒子を分析することも可能。
粒径範囲は0.006~10µm、15段で分級。180℃耐熱モデルを2014年に発表。通常モデルからのアップグレードも可!



煙道PM2.5計測器なら東京ダイレックにご相談ください

※本資料はこちらをクリックしていただくとダウンロードできます。

TEL:03-5367-0891  mail: info@tokyo-dylec.co.jp