製品情報

エアロゾルダイリューションシステム VKLシリーズ

-吸引ノズル、エジェクターノズル、ミキシングチャンバーで構成された希釈装置-

概要

カタログダウンロード[PDF]


本装置は、吸引ノズル・エジェクターノズル・ミキシングチャンバーで構成された、エアロゾル希釈装置です。希釈用クリーンエアー(流量Vr)は、サンプルエアー吸引ノズルを取り巻く、エジェクターノズルを流れます。これにより生じる負圧(dPo)によりサンプルエアー (流量Van)が引き込まれ,ミキシングチャンバー内で混合されます。ベルヌーイの法則によりVanが増加すれば、これに比例してdPoが増加する為,一定の希釈率が維持されます。
(VKL シリーズ:VKL-10、VKL-100-S、VKL-10ED)

特徴

  • 小型で、簡単な構造をもち、取扱いが容易
  • 圧搾エアーを接続するだけで使用できます
  • 本器を直列に接続する事により、粒径分布を変えず、また少量の希釈エアーで高倍率の希釈が可能
  • 1台で100倍希釈仕様もあります(VKL-100)

仕様

VKL-10(通常仕様)
希釈倍率 10
対応粒径 0.01~20 μm
入口流量 2~5 L/min
出口流量 2~5 L/min
(出口28 L/minオプション)
寸法 100×100×245 mm
重量 約4.0 kg
VKL-100-S
希釈率 100 (80~150)
対応粒径 0.01~2 μm
入口流量 0.1~0.5 L/min
出口流量 2~5 L/min
寸法 100×100×245 mm
重量 約4.0 kg
VKL-10ED(耐熱・耐圧仕様)
希釈率 10
対応温度 120 ℃
対応圧力 10 bar
供給エアー圧力 13 bar
入口流量 2~5 L/min
重量 約4.0 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。