製品情報

7ステージカスケードインパクター

概要

カタログダウンロード[PDF]


In-Tox社製7ステージカスケードインパクターは、空気力学的粒径分布測定に使用されるエアロゾルサンプラーです。粒径を7段階に分級し、非常にシャープなエアロゾルカットオフ効率曲線を有します。呼吸範囲内(ECD※サイズレンジ:0.35 μm~5.0 μm)の粒子を分級することが可能で、動物曝露実験の吸入チャンバー内の粒径分布測定に広く使われています。実験調査のSOP※※の特定要求に応じて、
曝露期間の前、最中、又は後に使われます。
また、7ステージカスケードインパクターは、精密な設計によって、低損失率(10%未満)を実現し、低損失設計で正確な分級及び均一な捕集を行うことができます。
※ECD: Effective Cut-off Diameter ※ ※ SOP : Standard Operating Procedure

特徴

  • 業界標準
  • 高い信頼性
  • 簡単な操作、低メンテナンス
  • 乾燥粉末や低揮発性液体に適用
  • ECDは、同梱された計算用データシートより計算することが可能

応用例

  • 動物曝露実験
  • エアロゾル研究

仕様

流量範囲 0.5 ~ 2 L/min (他の流量ご希望の場合はご相談ください)
ECDレンジ 0.29 ~ 5.15 μm (他のレンジご希望の場合はご相談ください)
寸法 12.7 / 8.5(長さ、アダプターあり/なし)×4.45(幅)cm
重量 約1.0 kg
材質 SUS316

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。