製品情報

フィールド用ナノ粒子計測装置 NanoScan
SMPS3910

- 小型・ポータブルタイプの高性能粒径分布計測器 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3910ナノスキャン SMPS は、TSIコアテクノロジーを搭載し、従来のSMPSシリーズに比べ軽量・コンパクト化・バッテリー内蔵を実現、操作性を向上させることで幅広い測定環境に対応いたします。

NanoScan SMPS3910紹介動画



【自動車計測向け関連資料】
車室内空気環境計測の紹介

特徴

  • 濃度範囲:1×102~1×10個/cc
  • 粒径範囲:10~420 nm
  • 小型・軽量化を実現、バッテリー内蔵で持ち運び可能
  • スキャニングモード、シングルサイズモードでの計測が可能
  • 簡単操作、スタンドアロン計測
  • チャンネル数:13チャンネル
  • 放射性物質非搭載

応用例

  • 室内・外気清浄度調査 他
  • 各所排出源モニタリング
  • 移動測定
  • ナノマテリアルばく露防止モニタリング

仕様

粒子測定範囲 10 ~ 420 nm
チャンネル数 13チャンネル(固定)
濃度範囲 1×102~1×10個/cc
サンプル時間 スキャニングモード:60 秒
シンクルサイズモード:1 秒
流量 トータル:0.75 LPM ±20 %
サンプル:0.25 LPM ±5 %
作動環境 室内
作動温度:10~30 ℃
作動湿度:45 %RH以下
データ保存 内蔵メモリ(最大8日間)
USB経由
通信 USB
吸引源 内蔵ポンプ
寸法(LWH) 45 × 23 × 39 cm
重量 8 kg(バッテリー無)
9 kg(バッテリー2個搭載)
バッテリー 2個 充電式で6時間 運転
ソフトウエア NanoScan Manager software
校正 年一回推奨(メーカにて)

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

関連機器・参考情報