製品情報

カーボンエアロゾル分析装置(熱・光学炭素粒子分析装置)(フィールド用)

-NIOSH Method 5040など様々な炭素分析法に対応した改良型EC/OC炭素分析装置-

概要

カタログダウンロード[PDF]


従来のリアルタイムで半連続的な測定が可能なフィールド用カーボンエアロゾル分析装置に改良を加え、より小型化したModel-4 カーボンエアロゾル分析装置を開発致しました。

≪主な改良点≫
・従来の装置より小型化
・ラックマウント型に対応
・圧力レギュレーターを内蔵
・正面のつまみでガス圧力を調節

(凡例)NIOSH:National Institute of Occupational Safety and Health
米国労働安全衛生研究所
OC:Organic Carbon  EC:Elemental Carbon

特徴

  • OC灼熱炭化によるECの過剰評価を自動的にレーザー補正
  • NIOSH Method 5040など様々な炭素分析法に対応、ユーザーが自由に温度/時間の設定が可能
  • OC/ECの検出限界値が0.3 μg/m3 (30分値)
  • EC値の毎分表示
  • 30分の時間分解能
  • Windows仕様のソフトウェア
  • 高性能なNDIRを内蔵

仕様

サンプル流量 8 LPM
サンプル分析時間 6~12 分(分析方法により異なります)
検出限界 OC - 0.3 μgC/m3(30 分間サンプリング)
EC - Thermal 0.3 μgC/m3(30 分間サンプリング)
EC - Optical 0.2 μgC/m3(30 分間サンプリング)
炭素分析法 NIOSH Method 5040 その他(ユーザーの設定可能)
レーザー 30 mW ダイオードレーザー
検出方法 NDIR(Non-dispersive IR)
PC/ソフトウェア Windows XP(デスクトップ/ノート型パソコン選択可)とSUNSET社のソフトウェア
分析用ガス He(99.9999 %以上)
5 % methane/He(99.995 %)
10 % O2/He(99.999 %以上)
電源 120 VAC 15 A 又は 220 VAC 8 A
寸法 W 432 × D 381 × H 267 mm ラックマウントに対応
重量 約16 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。