製品情報

ブラックカーボン濃度計 MAAP5012(生産終了)

- マルチアングル吸光光度計法でブラックカーボンを自動連続測定 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


※この製品は生産を終了しました

ブラックカーボン(BC)は、動力、熱を得るために石油、石炭、木材等の燃料を燃やす際、又は火災時、不完全燃焼によって発生します。このBCは大気中に浮遊し、太陽光吸収による地球温暖化の原因、人の呼吸器疾患の原因になります。
BCを計測する場合、透過光式計測方法は、粒子のサイズや形状による光の反射又は散乱の影響を受けます。
そこで、本計測装置Model 5012 MAAPは、ガラス繊維フィルタに粒子を捕集し、光の吸収と散乱を同時に計測することにより正確なBC測定を可能にしました。

特徴

  • RS232シリアルインターフェース2ポート装備
  • サンプリング時間を自由設定
  • 温度と圧力を自動的に補正
  • マルチ検出器により透過光と反射光を同時測定
  • ブラックカーボン濃度と吸収率を自動連続測定

仕様

測定方式 マルチアングル吸光光度法
検出限界 20 ng/m3(30分平均値)

50 ng/m3(10分平均値)

100 ng/m3(2分平均値)
フィルタの交換 20 %の透過時(約30 μg)
実測定時間 98 %以上
サンプルフロー制御装置 1 %未満
フィルタテープ グラスファイバーGF-10(約40 m)
データ出力 アナログ出力: 0/4-20 mA又は0-10 V

デジタル出力: RS232 2ポート
データメモリー容量 18650のレコードと1,632の記録ログブック
動作温度 -20~50 ℃
電源 本体:100~240 V 50/60 Hz 330 W最大(ポンプ無15 W)

ポンプ:100~110 V / 100~120 V 50/60 Hz 100 W
ポンプ 回転数制御式ロータリーベーンポンプ
寸法/重さ 本体: W483×H311×D330 mm   22.5 kg

ポンプ: W210×H222×D108 mm 6.1 kg
オプション 延長用サンプリングチューブ: TSPインレット、PM-10/PM-2.5/PM-1インレット

アナログI/O増設ボード:    ラックマウント金具

校正キット:           耐候性ケース

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。