製品情報

ヒーター付オイルセパレーターテスター HMT1000

-オイルセパレーターの性能評価、開発に最適なシステム-

概要

カタログダウンロード[PDF]


ブローバイガス、油冷式メカニズム、コンプレッサーなどに用いられるオイルセパレーターの性能評価、開発の目的に用いられます。
模擬オイルミスト発生器から、テストチャンバー部、希釈部、粒子検出部に至るまで、最高120℃まで加熱設定出来ます。(試験ライン中の温度差を極力小さくしています)
粒子の発生(模擬粒子の発生量と粒子径)、温度等の条件を再現よく試験できます。
粒子の捕集効率、ローディングテスト、圧力損失測定が行え、データの蓄積が出来ます。(ソフトウェアー含む)
本テスターに用いられている各コンポーネントを、別の目的で個別利用する事も可能です。(例:実際のブローバイガス中のオイルミストの計測など)

仕様

システム寸法 H1600×W2000×D800 mm
供給エアー圧力 6~8 bar (別途エアー源が必要です)
流量 1 – 25 Nm³/h, 1 – 85 Nm³/h
対応圧力損失 0~3000 Pa
エアロゾルスペクトロメーター対応粒子径 0.2~40 μm(レンジ切替)
エアロゾルスペクトロメーター対応濃度 100,000 個/cc
希釈倍率 10倍または、100倍
粒子発生濃度 50 g/h(エンジンオイル10W40の例)
各ヒーター温度 最高120 ℃
必要電源 3相 230 V、消費電力 最大8 kW

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。