製品情報

HiMass CAST Model 7200 Type C

高濃度のスス粒子を幅広い粒子径範囲で大流量発生

概要

カタログダウンロード[PDF]


HiMassCAST は大型の燃焼スス粒子発生装置でして、最高発生量 20 g/h の soot を安定、且つ再現性良く発生することが出来る製品です。
スス粒子の粒子径は内蔵のマスフローコントローラの設定流量を専用ソフトウェア上で変換することにより、 20 〜
300 nm ( 平均径 ) の範囲内において調整することが出来ます。
発生空気流量は500L/min ですが、粒子発生後に希釈エアーを加えることでさらなる高流量にも対応できるなど、実機エンジンの代替として sootを供試体などへ安定供給可能です。

【自動車計測向け関連資料】
DPF/GPF性能評価システムの提案資料

特徴

  • 高い安定性と再現性でスス粒子を発生
  • 最大発生量は10 or 20 g/h (バーナー種類により異なる)
  • 粒子径は20~300 nmの範囲で調整可能
  • 最高500 mbarまでの背圧に対応
  • 発生空気流量: 500 L/min (追加希釈可能)
  • マスフローコントローラによる高い安定性及び応答性制御
  • 燃料としてプロパンガスを使用
  • 自動点火機能
  • 安全機能として火炎検知及びガス警報器を搭載

応用例

  • フィルタ性能評価
  • DPF/GPFローディング試験
  • スートセンサーの開発
  • CVSの校正

仕様

粒子 燃焼スス粒子
粒子径 20-300 nm
粒子数濃度 最高108 個/cm3
発生ガス流量 >500 L/min (30 m3/h)
最大発生量 10 or 20 g/h (バーナー種類により異なる)
ガス温度 100~300 ℃
再現性 <5 %
燃料 プロパン
酸化/希釈エアー コンプレッサーエアー
不完全燃焼用混合ガス 窒素
電源 115 / 240 VAC
寸法 (LWH) 55 x 65 x 130 cm

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。