製品情報

大気汚染物質モニター GM5000

PM10/PM2.5粒子と6種類のガスを同時に自動連続続測定

概要

カタログダウンロード[PDF]


Thermo Scientific社が開発した大気汚染物質モニターGM-5000は、光学式粒子カウンター(OPC)とガス濃度測定用の電気セルにより構成され、粒子状汚染物質(PM10/PM2.5)と4種類のガス濃度(NO2、SO2、O3、CO、NO、及びTVOC)をリアルタイムで検出可能な装置です。


サンプルが装置内に吸引され、スクリーンと加熱チューブを通過します。ここで粗大な粒子が除去され、過剰な水分を抑えます。粒子はOPCにより粒子数及び粒径分布が検出され、質量濃度へと変換します。続いて、サンプルがフィルタを通過することで粒子を除き、ガスが検出チャンバーへ移動します。そこで、ガス濃度を電気セルが検出します。粒子質量濃度及びガス濃度の他に、サンプル温度、圧力、相対湿度、時刻が記録されます。


これらのデータが3G/4Gモデム又はWi-Fiによってデータクラウドに転送されます。データはパソコンやタブレット等で専用サイトにて確認できます。また、同データは、内蔵のSDカードにも保存することができます。


特徴

  • 粒子状汚染物質(PM10/PM2.5)とガス(NO2、SO2、O3、CO、NO、及びTVOC)をリアルタイムで測定が可能

  • 粒子物質とガスの両方測定モデル、又は単独測定モデルあり

  • 加熱チューブが付いているため、サンプル中の水蒸気の凝縮を防ぐことが可能。

  • 停電復旧時の自動再起動機能付き。

  • 3G/4G/Wi-Fiにより計測データはクラウドに蓄積され、専用のウェブサイトにてデータ確認が可能

  • 通信機能無搭載モデルもあり、1年間本体内にデータ保存が可能

応用例

  • 固定発生源(工場等)周囲の大気環境モニタリング
  • 高速道路周囲における排気ガス/粒子の研究
  • トンネル内の大気環境監視
  • スマートシティプロジェクト

仕様

本体

 


 

分解能

10 ppb(ガス)

濃度表示更新間隔

10秒

データロギング期間

1 分~1 時間(平均値が記録)

メモリ保存レコード総数

> 500,000(1年相当のデータ)

保存データ内容

記録番号、濃度、温度、相対湿度、気圧、データフラグ、日時

診断データ内容

臨界電圧、センサー温度、RH、ATM圧力

読出し表示方法

ウェブブラウザー経由

電源(AC)

100-240 V、50-60 Hz

最適動作環境

温度:-10~45℃、湿度:15~90% RH、結露なきこと

保存環境

温度:-20~70℃

寸法

406 × 305 × 152 mm(H×W×D)

重量

5 kg

センサー

画像をクリックすると拡大表示されます(別タブが開きます)


※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。