製品情報

スス粒子発生器 DSPシステム

-燃焼プロセスを利用したスス粒子発生器。低濃度~高濃度の粒子が発生可能-

概要

カタログダウンロード[PDF]


DSPシステム(Defined Soot Particle Generator)は燃焼プロセスを利用したスス粒子発生器です。

DSP 3000/3000Hは高濃度の粒子を発生するのに最適です(3g/hまで)。発生粒子の濃度、サイズを安定して発生させる事が可能です。付属のソフトウエアにより制御可能です。

低濃度のスス粒子発生にはDSP 3010が最適です。 DSP 3000/3000H同様に、発生粒子の濃度、サイズを安定して発生出来ます。

特徴

  • 粒子の発生量が調整可能(50 mg/h~3 g/h)(DSP 3000/3000H)
  • DSP 3000Hは高流量・高温型 (60 m3/h・300 ℃)
  • 耐圧性が高い(300 mbar)(DSP 3000/3000H)
  • 約10 nmから200 nmまで粒子のサイズを調整できる(DSP 3010は150 nmまで)

応用例

  • 火災探知器の試験
  • CVSトンネルの試験 他
  • 大気研究
  • 排ガスシステムのセンサーテスト
  • ディーゼル排ガス用のフィルタ試験

仕様

燃料ガス エタン/プロパンなど
急冷ガス 窒素
希釈エアー DSP 3000/3000H:60 m3/h(オプションで180 m3/hまで可能)
DSP 3010:なし
寸法 DSP 3000/3000H:W75×H115×D90 cm
DSP 3010:W26×H21×D40 cm
電源 DSP 3000:90-260VAC;1 kW
DSP 3000H:DS 400/230VAC;9 kW
DSP 3010:115/230V;50/60 Hz

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。