製品情報

炭素粒子発生器(窒素タイプ) DNP digital 3000

-排ガス中の煤 (スス) にきわめて近い純炭素凝集粒子を安定的に発生-

概要

カタログダウンロード[PDF]


炭素粒子発生器の新モデルDNP digital 3000は、キャリアガスに窒素ガスを使用しており、様々なアプリケーションに合わせた粒子発生が可能になりました。
また、本体にタッチパネルを搭載した事により、パラメーターの設定を容易にし、操作性に優れたモデルになりました。
dnp
【関連機器】
DPF/GPF性能評価システムの提案資料

特徴

  • 排ガスの中の煤に近い凝集粒子の発生(純炭素から成る粒子)
  • キャリアガスに窒素を使用
  • 高濃度(個数)の発生
  • 発生質量濃度は電気的調整により設定可能
  • 粒子凝集度を調節可能
  • コンパクトなデザイン

応用例

  • 吸入実験、毒性学研究
  • フィルタテスト(ディーゼル用フィルタ等)
  • 粒子のフラクタル幾何学の研究
  • ダイリューショントンネル(CVSトンネルの効率) 他
  • 煤測定設備の較正

仕様

キャリアガス 窒素:最低純度4.6クラス
希釈エアー:乾燥・清浄・オイルフリー圧縮エアー
流量 窒素:4~20 L/min
希釈エアー:0~50 L/min
粒子径 20~350 nm
発生濃度 >107 個/cm3
0.06~9 mg/h
発生時間 数時間(条件により異なる)
動作環境 環境温度:10~40 ℃
相対湿度:最高80 %(結露なきこと)
騒音:85 dB以下
寸法 470×125×435 mm (W×H×D)
重量 23 kg
電源 115/230; 50/60 Hz 消費電力:80 W

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。