製品情報

凝縮粒子カウンター(標準モデル)CPC3750

- 標準型CPC。最小検出粒径7 nmに対応 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3750は、TSI社の次世代型CPCでありモデル3772の後継機種となります。コンパクトでエアロゾルフローの全量を検出器に流すモデルで、最小検出粒径7 nm、サンプル流量1.0 L/min、最大の個数濃度で105 個/cm3まで検出できます。より簡単な操作を実現するためタッチパネルスクリーン、新バージョンのソフトウエア及び長期保存可能なデータバッファを有します。 また無線通信機能(オプション)で世界中の監視サイトにある新型CPCとリモートアクセスが可能となります。本モデルは、SMPS モデル3938シリーズのCPCとしても使用可能であります。


【自動車計測向け関連資料】
エンジン排ガスPN計測評価装置の紹介
RDE向け研究開発用PN計測器紹介
ブレーキ粉塵計測における粒子計測器の紹介
DPF/GPF性能評価システムの提案資料


特徴

  • 個数濃度の上限は10個/cm3と広範囲に

  • 最小検出粒径(D50)は7 nmまで広がり、SMPSの検出効率もアップ

  • 50 Hzのデータ速度

  • 高湿度環境に対応したウォーターリムーバルシステム

  • パルス波高のモニタリングにより機器診断機能が改良

  • CEN/TS 16976規格(大気エアロゾル測定)に準拠したモデルにアップグレイド可能

  • Nano Enhancer(モデル3757)との組合わせで1 nmCPCにアップグレイド可能

応用例

  • 基礎エアロゾル研究
  • 吸入・暴露チャンバー試験
  • 室内清浄計測
  • 健康影響試験
  • フィルタ及び空気清浄試験
  • 大気モニタリング
  • 大気及び気象研究
  • ナノテクノロジー研究
  • 粒子生成研究
  • パーティクルカウンターの校正
  • 燃焼とエンジン排ガス研究
  • ガス粒子研究

仕様

粒径範囲

最小検出粒径:7 nm(Sucroseの場合)


最大粒子径:3 μm

対応濃度

シングルカウントモード :0-10個/cc

濃度精度

<10個/cc ±5 %

応答時間

約2秒(T95の場合)

流量

サンプル流量:1.0±0.05 L/min


吸引源:外付けポンプ(別途必要)


流量コントロール:クリティカルオリフィス式

偽計数

<0.001 個/cc(12時間平均値)

作動環境

環境温度:10~35 ℃


環境湿度:0~90 %RH


環境大気圧:75~105 kPa

凝縮液

液体:n-ブチルアルコール


供給システム:自動制御


ウォーターリムーバルシステム:マイクロポンプにより使用済み凝縮液を処理

通信インターフェイス

BNC:パルス出力


USB タイプC:パソコン(AIMソフトウエア)との通信


Ethernet:8 wire RJ-45、10/100 BASE-T、TCP/IP


USB タイプB:外部メモリ


Wi-fiアダプタ:ワイヤレス通信

ソフトウエア

AIMソフトウエア(RS232C/USB接続)

データ保存

50 Hz設定で約1年間のデータをメモリに保存可

校正

年一回推奨

電源

100~240 VAC、50/60 Hz、最大210 W

必要ポンプ能力

min 60 kPa(ゲージ圧)

寸法(HWD)

275 × 183 × 299 mm(供給ボトルと固定具は除く)

重量

10 Kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。