製品情報

携帯型凝縮粒子カウンター CPC3007

- ハンディタイプの高性能CPC、様々な環境モニタリングに応用可能 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3007は、これまでCPCが利用できなかった電源が無い場所、コンピューターが使用できない場所などでの利用を可能にしました。

アルカリ電池で作動し、プログラム設定可能なデータロガーを内蔵しているため、どこでも超微小粒子を計測することができます。

粒径範囲は0.01~1.0 µm、濃度範囲は0~100,000 p/cc。LCDディスプレイとデータ取り出し用のRS-232シリアルポートが内蔵。本体の総量は1.7kgで、キャリーハンドルで取り扱いも簡単です。

【自動車計測向け関連資料】
車室内空気環境計測の紹介

特徴

  • 濃度範囲 0~100,000 p/cc
  • 単三アルカリ乾電池6本で動作可能
  • RS-232シリアルインターフェイス経由で、データの外部出力が可能
  • 粒径範囲 0.01 ~ 1 µm
  • LCDディスプレイで操作性が向上
  • 小型、軽量のハンディタイプ

応用例

  • 人体に対する疫学的研究 他
  • 高度別の大気エアロゾル研究
  • 大気、気象学の研究
  • 粒子の飛散・組成のテスト
  • 短期間の屋内外の環境モニタリング
  • 基礎エアロゾル研究

仕様

粒径範囲 0.01 ~ 1 µm
対応濃度 0 ~ 100,000 p/cc
最小表示濃度 1 p/cc
濃度精度 ± 20 %
測定粒子 大気物質 不揮発性物質
環境温度 10 ~ 35 ℃
保管温度 -40 ~ 70 ℃
絶対圧センサー 0 ~ 1,400 mbar
電源 単3型アルカリ乾電池6本
アルコール 試薬用イソプロパノール 6時間(21℃)連続利用
本体外形寸法 L 292 × W 140 × H 140 mm
キャリングケース L 530 × W 360 × H 210 mm
重量 1.7 kg(バッテリー付)
7.7 kg(ケース保管時)

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。