製品情報

コロナ式エアロゾル中和器 CD2000

-放射線源を含まず、取扱いが容易な中和器-

概要

カタログダウンロード[PDF]


本器は、放射線源を含まないため、通常の中和器に比べ取り扱い、移動、輸送が容易な仕様になっております。

また、固体・液体いずれのエアロゾルにも対応することができ、メンテンスもほとんど必要がありません。

特徴

  • メインテナンスは殆ど不要
  • 固体・液体いずれのエアロゾルにも対応
  • 陽イオンと陰イオンの両極性方式
  • 放射線源を含まず、扱い、移動、輸送が容易

応用例

  • 帯電したエアロゾルを中和し、配管等輸送に伴う付着 ロスを低減
  • フィルタテスト(EN 779(クリーンルームフィルタ)に規定される試験などに対応)
  • エアロゾル研究

仕様

対応エアロゾル流量 最大4 m3/h (約66.6 L/minまで)
必要ミキシングエアー流量 2~18 m3/h (約33.3~300 L/min)
清浄乾燥化したコンプレッサーエアーが別途必要
陽/陰 各イオナイザー高電圧容量 Max6000 V 1000 μA
モニタリング出力 0-6000 V=0-10 V  0-1000 μA=0-10 V
ヒューズ F3.15 A/250 V
エアロゾルインレット 外径8 mm(内径6 mm)
ミキシングエアーインレット 外径8 mm(内径6 mm)チューブに対応
中和後アウトレット 外径16 mm(内径12 mm)
寸法 チャンバー部:W160 × H120 × D100 mm
コントローラー部:W240 × H140 × D310 mm
重量 チャンバー部:2.8 kg
コントローラー部:5.2 kg
電源 100-250 VAC(47-63 Hz)
消費電力 50 W

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。