製品情報

APSスペクトロメーター 3321

- 高分解で粒径分布(空気動力学的径)をリアルタイム測定 -

概要

モデル 3321 Aerodynamic Particle Sizer(APS)Spectrometerは、Time-Of-Flight(TOF)という計測原理を用いた装置で、2点間のレーザーを通過する粒子の時間を計ることで粒径を算出し、粒径分布をリアルタイムに計測することが出来ます。

計測できる粒子径範囲は0.5 ~20μm で、Aerodynamic Diameter(空気動力学径)として求められます。またAPSは、Time-Of-Flight原理と共に、各粒子の光散乱強度も同時に計測しております。

カタログダウンロード[PDF]

特徴

  • 粒子径範囲:0.5 ~ 20 µm
  • 取扱いがしやすく、幅広い用途に対応
  • 高い分級能:トータル 52 ch(空気動力学径)

応用例

  • 毒性吸入の研究
  • 室内エアーのモニタリング
  • フィルター及びクリーナーの効率試験
  • 計測装置の較正に使用される試験エアロゾルの評価
  • 噴霧粒子テクノロジーの研究
  • 他のエアロダイナミック装置の性能評価
  • 粉体等の粒径計測
  • 基礎エアロゾル研究 
  • 環境汚染の研究
  • 大気エアロゾルのモニタリング
  • バイオハザードの検出
  • 空気清浄機評価試験(AHAM) 他

仕様

粒径の種類 空気動力学径
粒子径範囲 0.5 ~ 20 µm
分級能 トータル 52 ch(空気動力学径)
トータル 16 ch(光散乱強度)
濃度範囲 0.001 ~ 103 個 / cc
サンプル流量 トータル 5 LPM
検出部 1 LPM
シース部 4 LPM
サンプル時間 1 秒 ~ 18 時間 / サンプ
環境温度 10 ~ 40 ℃
環境気圧 700 ~ 1034 mbar(70 ~ 103.4 kPa)
環境湿度 10 ~ 90 %RH(結露が無い事)
フロントパネル 320 × 240 pixels
通信 9ピン RS-232
寸法 H 180 × W 300 × D 380mm
重量 10 kg
電源 85 ~ 260 VAC 3A 50 / 60Hz

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。