製品情報

6-JET エアロゾルアトマイザー 9306

NaCl水溶液、PSL縣濁液、オイル等のエアロゾルを高濃度に発生

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル 9306エアロゾルアトマイザーは、6つの粒子発生アトマイザージェットと、圧力調整器と圧力計、および流量計付き希釈システムで構成されています。ジェットそれぞれが約6.5L/min(公称圧力25psig時)の流量で、高濃度粒子を生成し、粒子数濃度と総粒子出力の両方を調整することができます。このアトマイザーは、さまざまな液体(オイル、水溶液、混濁液 等)から粒子を生成することができます。内蔵の希釈空気を利用することで、出力濃度をさらにコントロールすることができ、溶液から生成された固体粒子の乾燥にも役立ちます。

特徴

  • DOP、DOS、PSL、NaCl粒子 等のさまざまな液体の粒子発生が可能
  • 粒径分布及び個数濃度を安定発生(DOPで0.3 μm)
  • 希釈用エアーラインを装備
  • 1~6のアトマイザージェットを選択でき、エアロゾル濃度の制御が可能

応用例

  • 基礎エアロゾル研究 他
  • エアロゾル計測装置の評価
  • フィルタ効率試験
  • トレーサー粒子

仕様

発生平均粒径 0.3 μm(DOPの例 ※エアロゾル材料による)
幾何標準偏差 <2
粒子濃度 >107 個/cc (エアロゾル材料およびジェットによる)
粒子の種類 DOS、DOP等オイル、NaCl等溶液、PSL等縣濁液(PSLは4 μmまで可)
発生流量 6.5 L/min(nominal)× 使用するジェット数
必要エアー源 通常170 KPa(最大550 KPaまで)
最大出口圧力 102 kPa
希釈エアー 100 L/min(フロート流量計の最大スケール)
エアロゾル出口 外径1inch(25 mm)
寸法 320 × 125 × 260 mm
重量 2.7 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。