製品情報

フィルタ効率自動検出装置 Model 8150

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル8150は大量処理と24時間遠隔操作に最適化された自動型フィルタテスターです。このモデルは非常にコンパクトで、既存の生産ラインに簡単に導入することが可能です。特に狭い場所では、フォトメータボックスをベースユニットから分割したり、2つのユニットを積み重ねたりすることもできます。

8130Aとほぼ同じ技術を用いているため、高精度なデータを得ることができます。PLC駆動のインターフェースで動作し、内部診断機能を備えているため、信頼性の高いフィルタ捕集効率測定を行うことができます。

特徴

  • 大量処理と24時間遠隔操作に最適化されたモデル
  • 8130Aとほぼ同等の測定結果を実現
  • 2つのフォトメータで同時に測定することで高い性能を実現
  • 設置面積が小さく生産ラインへの組み込みが容易
  • PLC(Programmable Logic Controller)による駆動
  • NIOSH 42 CFR 84、GB2626、EN143/EN149などの規格に対応

仕様

発生粒子*1 PAO(ポリアルファオレフィン)
DOP(ジオクチルフタレート)
DOS(ジオクチルセバケート)
パラフィン

PAOの例
質量中央径 0.33 μm
個数中央径 0.20 μm
幾何標準偏差 1.6以下
濃度 50~200 mg/m3

*1 SMPS3936データより
対応濃度 0.001~200 mg/m3
流量範囲 10~120 L/min (精度 フルスケール 2 %)(外部真空ポンプが必要)
圧力範囲*2 0~250 mm H₂O (約0~2.45 kPa)(精度 フルスケール 1 %)
*2 計測可能な圧力損失範囲
効率範囲   捕集効率 99.9999 %
透過率  0.0001 %
電源 90~250 VAC 最大10 A 50~60 Hz
エアー源 0.6 MPa、250 L/min(標準流量)
寸法(HWD) 645 × 555 × 1045 mm
重量 100 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。