製品情報

粗大エアロゾル粒子発生装置 8108

- 粒径0.1~10 μmの塩化エアロゾルの発生が可能 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル 8108 粗大粒子エアロゾル発生装置は0.1~10ミクロンの塩化エアロゾルを発生できる装置です。

仕様は、SAEJ1669やASHRAE52.2の基準を満たしています。発生粒子には正確で再現性が非常に高い塩化カリウム(KCl)が使われております。

特徴

  • 0.1~10ミクロンの塩化エアロゾルを発生
  • 円筒チャンバーにより粒子のロスを最小限に防ぎます
  • 発生粒子には正確で再現性が非常に高い塩化カリウム(KCl)を使用
  • SAEJ1669やASHRAE52.2基準に準拠

応用例

  • 車内エアーフィルタ捕集効率試験(SAE J1669)
  • 換気エアーフィルタ捕集効率試験(ISO16890)(JIS B9908:2019)(ASHRAE52.2)
  • 吸引器性能試験
  • その他産業フィルタ研究など

仕様

作動原理 スプレーノズルに液体一定供給
発生粒径範囲 0.1~10 μm(直径)
粒子濃度 600 個/cc(1 μmの場合)
10 個/cc(10 μmの場合)
(KCl 30 %)
粒子種類 塩化カリウム(他の材質も使用可)
液体供給率 1.2 ml/min
電源 115 VAC、60 HZ、3 A又は、230 VAC、50 Hz、1.5 A
圧縮空気 344 kPa、 141 std.L/min (50psi、 5scfm)
寸法 <発生コラム>
高さ:1320 mm
外径:305 mm
床面積:470 ×470 mm
<コントロールボ ックス>
430×560×320 mm(LWH)※フィルボトルは含まない
重量 <発生コラム>
24.5 kg
<コントロールボックス>
20 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。