製品情報

Water-based 凝縮粒子カウンター CPC 3789

最小検出粒径2.2 nmの ウォーター型CPC PCとのリモート接続が可能

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3789は、一般的にCPCの凝縮液として使用されるアルコール系の溶液に代わり、水を用いたナノ~サブミクロン粒子を計測する凝縮粒子カウンターです。最小検出粒径が2.2 nmとナノ粒子から計測可能です。凝縮液に水を用いることで装置の排気の改善がされ、室内環境をはじめ幅広いアプリケーションに適します。シングルカウントモードで最大200,000 個/ccまでの個数濃度を高い精度で測定することが出来ます。モデル3789はWater-based CPCとしては3世代目で、異なる条件下でも安定した操作が可能なロバスト設計となっています。


特徴

  • ユーザーで最小検出粒径(D50)の選択が可能(2.2または7 nm)

  • 早い応答性(T90<0.6 秒)

  • シングルカウンティングモードで最大2×105  個/cc(濃度精度±5 %)

  • 環境負荷の少ない蒸留水を凝縮液として使用

  • タッチパネルディスプレイを採用

  • イーサネットによりリモート接続が可能

  • Model3082と組み合わせることによりナノ粒子のサイズ分布および濃度を2 nmから約1,000 nmまで計測可能(SMPSとして使用可能)

  • 50 Hzでデータ取得

応用例

  • エアロゾルの基礎研究
  • 屋内外の環境モニタリング
  • 粒子生成等の研究
  • 吸入・暴露実験
  • 健康影響のテスト
  • ナノテクノロジ-の研究

仕様

粒径範囲

最小検出粒径(D50):ユーザーで選択可能 2.2 nmまたは7 nm(Sucroseの場合)

対応濃度

0~2×105  個/cc (シングルカウントモード)

濃度精度

< 2×105  個/cc ±5%

偽計数

< 0.01 個/cc (12時間平均値)

応答時間(T90)

0.6 秒

流量

エアロゾル流量:0.3 L/min
インレット流量:0.6か1.5 L/min (オプションインレット流量 2.5 L/min)

作動環境

作動温度:10~35 ℃
作動湿度:0~90 % RH
作動大気圧:75~105 kPa

電源

100~240 VAC、50/60 Hz、200 W(Max)

ソフトウエア

AIM※ソフトウエア(USBケーブル C to A)

凝縮液

液体:蒸留水
消費量:<43 mL(1日あたり)

通信

インターフェース:専用ソフトウェアにてPC制御可能、イーサネットによりリモートアクセス可能

本体正面表示部

タッチパネルディスプレイ

較正

年一回推奨

寸法(HWD)

307 × 183 × 404 mm(供給ボトルと固定具は除く)

重量

8.2 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。