製品情報

Water-based 凝縮粒子カウンター CPC 3789

最小検出粒径2.2 nmの ウォーター型CPC PCとのリモート接続が可能

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3789は従来、凝縮液として使用されていたブタノールの代わりに水を用いた、ナノ粒子を計測する凝縮粒子カウンターで、最小2.2 nmまで検出することが出来ます。水を用いることにより排気臭が無く、室内環境をはじめ幅広いアプリケーションに適します。また、シングルカウントモードにて最大200,000 個/ccまでの個数濃度を高い精度で測定することが出来ます。モデル3789はWater-based CPCとしては3世代目で、異なる条件下でも安定した操作が可能な堅牢設計となっています。

特徴

  • ユーザーにて最小検出粒径(D50)の選択が可能(2.2もしくは7 nm)
  • 早い応答性(T90<0.6 秒)
  • シングルカウンティングモードで最大2×105  個/ccまで検出(濃度精度±5 %)
  • 環境負荷の少ない蒸留水を凝縮液として使用
  • タッチパネルディスプレイを採用
  • イーサネットによりリモート接続が可能
  • Model3082と組み合わせることによりナノ粒子のサイズ分布および濃度を2 nmからほぼ1,000 nmまで計測可能(SMPSとして使用可能)
  • 50 Hzでデータ取得

応用例

  • エアロゾルの基礎研究
  • 屋内外の環境モニタリング
  • 粒子生成等の研究
  • 吸入・暴露実験
  • 健康影響のテスト
  • ナノテクノロジ-の研究

仕様

粒径範囲 最小検出粒径(D50):ユーザーにて選択可能2.2 nmか7 nm(Sucroseの場合)
対応濃度 0~2×105  個/cc (シングルカウントモード)
濃度精度 < 2×105  個/cc ±5%
偽計数 < 0.01 個/cc (12時間平均値)
応答時間(T90) 0.6 秒
流量 エアロゾル流量:0.3 L/min
インレット流量:0.6か1.5 L/min (オプションインレット流量 2.5 L/min)
作動環境 作動温度:10~35 ℃
作動湿度:0~90 % RH
作動大気圧:75~105 kPa
電源 100~240 VAC、50/60 Hz、200 W(Max)
ソフトウエア AIM※ソフトウエア(USBケーブル C to A)
凝縮液 液体:蒸留水
消費量:<43 mL(1日あたり)
通信 インターフェイス:専用ソフトウェアにてPC制御可能、イーサネットによりリモートアクセス可能
本体正面表示部 タッチパネルディスプレイ
較正 年一回推奨
寸法(HWD) 307 × 183 × 404 mm(供給ボトルと固定具は除く)
重量 8.2 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。