製品情報

エレクトロスプレー式粒子発生器 3480

- エレクトロスプレー法により、単分散ナノ粒子を安定して発生することが可能 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル 3480エレクトロスプレー式エアロゾル発生器は、静電噴霧法を用いること単分散ナノ粒子を安定して発生させることが出来ます。
粒子径が最小3 nmの粒子からエアロゾル化することが可能であり、PSL(ポリスチレンラテックス)においては20 nmから気相分散に利用することが可能です。
発生粒子の材料として固体粒子以外にサクロース、プロテイン等の有機材料を使用することが可能です。

特徴

  • 固体粒子以外にサクロース、プロテイン等の有機材料を使用することが可能
  • 優れた安定性と精度により様々なアプリケーションに対応
  • 粒子径が最小3 nmの粒子からエアロゾル化することが可能

応用例

  • ナノサイズ粉体の気相分散
  • ナノサイズ高分子粒子の分析
  • ナノ粒子の表面付着
  • 測定器の較正
  • ナノ粒子の研究
  • エレクトロスプレー動作過程におけるパラメーターの研究 他

仕様

ナノ粒子材料 (3~50 nmをターゲットとする場合)
水溶性かつ不揮発性の固体及び液体
水溶性でない材料の場合 プロテインで最小3 nm、PSLでは200 nm以上の発生が確認済み
発生量 > 10E個/cc
液体の導電率 0.2 S/m
液体消費量 50~100 nL/min
ナノ粒子径 3~100 nm
液滴径 150  nm
差圧 0 ~ 5 psi(通常 3 psi)
Air 消費量 0.2 ~ 2.5 L/min(通常 1 L/min)
CO2 消費量 0.05 ~ 0.5 L/min(通常 0.1 L/min)
イオナイザー Am241 3.0MBq
HV 電圧 +0.5 ~ +3.5 kV (通常 2 kV)
HV 電流 0~2000 nA (通常180~320 nA)
電源 85 ~ 264 VAC 50 ~ 60 Hz Max 25 W
寸法 L 203 × W 404 × H 257 mm
重量 6.8 Kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

関連機器・参考情報