製品情報

核凝縮型単分散粒子発生器 3475

- 球形で電荷の無い単分散粒子(GSD1.1)を高濃度に発生させることが可能 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3475は凝縮式の単分散粒子発生器です。発生原理により球形で電荷の無い単分散粒子(GSD1.1)を高濃度(10E6 個/cc)に発生できます。

粒子径は 0.1~8 um の範囲で、簡単に変える事が出来ます。濃度も簡単に変える事ができます。

使用する材料により、ミスト粒子も固体粒子も発生出来ます

特徴

  • Sinclair-Lamer原理に基づく凝縮式粒子発生器
  • キャリアガスは窒素を使用
  • オプションで光学式濃度モニターPAMがあります(0.5~10 umに対応)
  • 濃度可変が容易
  • 使用する材料により、ミスト粒子及び固体粒子が発生可能

仕様

~粒子材料と粒子径範囲~
液体 DOP,DOS 0.1 ~ 8 um
Emery 3004も使用可能
固体 Carnauba Wax 0.1 ~ 4 um
Stearic Acid 0.1 ~ 9 um
~幾何標準偏差(GSD)~
0.5 ~ 8 um 1.10 以下
0.1 ~ 0.5 um 1.25 以下
濃度 10E6 個/cc 以上
N2 流量 3.5 ~ 4.0 L/min
N2 圧力 6 bar
放射線、 蛍光ラベリング 可能
電源 110/220 VAC 50/60 Hz
寸法 L 250 × W 300 × H 550 mm
重量 17 Kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。