製品情報

流動床式粒子発生器 3400A

- 粒子径範囲0.5~40 μmの乾燥粉体を分散発生させることが可能 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


モデル3400Aは、流動床式の粉体発生器で空気動力学径として0.5~40 μmの粒子径範囲において乾燥粉体を分散発生させることが出来ます。

流動床内にある銅製のビーズを分散させることで、微小な試験粉体の凝集を抑え、より安定した粉体発生を可能とします。調整可能なダスト濃度は10~100 mg/m3で、長時間の発生試験に適します。

特徴

  • 微小な試験粉体の凝集を抑え、より安定した粉体発生を可能
  • 長時間の発生試験に最適
  • 0.5~40 μmの粒子径範囲における乾燥粉体を分散発生が可能

応用例

  • 高速気流でのダスト侵食
  • ダストサンプラーやモニターの校正及び性能評価
  • 吸入剤研究・毒性研究
  • レーザー速度計用の粒子発生 
  • 空気清浄機評価試験(AHAM) 他

仕様

ダスト濃度範囲 10~100 mg/m3
ダストフィード率 3~30 mm3/min
エアロゾル流量 5~15 LPM
粒子径範囲 発生するダスト粒径に依存
※最大粒径は空気動力学径で約40 μmで、0.5 μm以下は凝集性が高いため不向き
サイクロン 1/2 インチ ステンレス製
使用環境 室内
作動標高 最大2000 mまで
作動温度 10~50 ℃
作動湿度 0~90 %(結露なきこと)
電源 115/230 VAC 50~60 Hz 45 W
寸法 L264×W368×H150 mm
重量 11 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
※乾燥且つ清浄なコンプレッサーエアー(最大0.31 MPa)が必要です。
※湿気や粘性の高い粉体は本製品に適応しません。
※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。