製品情報

1 nm走査式モビリティーパーティクルサイザー 1 nmSMPS3938E57

-1 nm台まで測定可能範囲が広がった走査式ナノ粒子粒径分布計測器 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


1 μm以下のエアロゾルの粒径分布を判断するための基準として、TSIのSMPS™は広く使われています。SMPSモデル3938E57は、1 nmCPCモデル3757-50と1 nmDMAモデル3086等の主製品で構成され、最小1 nmより粒径分布を計測することができます。

近来型SMPSにモデル3757 Nano Enhancerとモデル3086 Differential Mobility Analyzer(1 nm-DMA)を追加したことで、SMPSの測定可能範囲は、最小1 nmまで広がりました。

特徴

  • 高分解能データ:64 ch/decadeの分解能を有します(1~50 nmの粒径分布で109 chのチャンネル数)
  • 柔軟な使用が可能なコンポーネントデザイン
  • 幅広い計測粒径レンジ:計測可能レンジは1~50 nm
  • 3081A Long DMAの追加で1 nmから1000 nmまでの3decade分の測定可能
  • 拡散ロスを最少まで抑えた最適なシステム
  • 専用ソフトウェア Aerosol Instrument Manager(AIM)により操作可能
  • 精密な粒子測定:様々なサンプルを測定可能

応用例

  • 基礎エアロゾル/粒子挙動研究
  • 大気環境・気象研究
  • 環境モニタリング
  • フィルタ/空気清浄機の性能試験
  • 燃焼粒子/自動車排ガス研究
  • 粒子生成等の研究
  • マテリアル合成

仕様

粒径範囲 検出限界径:1 nm(Naclの場合)
粒子濃度範囲 0~3.0×10個まで(コインシデンス補正有の場合)
濃度精度 1.65×10個の場合:±10 %
3×10個の場合:±15 %
流量 エアロゾル流量:2.5 L/min
アウトレット流量:1.0 L/min
輸送流量:1.5 L/min
吸引源:外部ポンプにより吸引 (60 kPa以下)
流量コントロール:CPC3750によりコントロール
気相環境 エアー(窒素、アルゴン、ヘリウム) 仕様はエアーの場合
偽計数 <0.01 個/cc (12時間平均値)
応答時間 4 秒(T95の場合)
本体正面 LCD TFT QVGA(320×240ピクセル) 5.7インチ、カラーディスプレー、サンプルインレット、 LED表示ランプ、操作ノブ
本体背面 電源接続口、9ピンD-サブコネクター(2)、シリアルコネクター、ファン、ジエチレングリコールコネクター、ジエチレングリコール排水口、ポンプ排気ポート、ジエチレングリコール供給口、ドライヤー接続口及びブラケット
本体側面 ジエチレングリコールレベル確認用ウィンドウ
寸法 3757:300 × 282 × 325 mm(供給ボトルと固定具は除く)
3757-50:575 × 282 × 325 mm(供給ボトルと固定具は除く)
重量 19.1 Kg
通信 プロトコル:ASCⅡ
インターフェイス RS232C:D-Sub 9ピン
出力 本体表示:濃度VS時間のグラフ、時間、トータル個数、ステータス(温度、大気圧、レーザーパワー、流量値など)
パルス:BNC接続、TTLパルス(400 nm sec)
ソフトウエア:AIMソフトウエア(RS232C/USB接続)
較正 年一回推奨
電源 100~240 VAC、50/60 Hz

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。