製品情報

大気用TEOMディコトマスモニター 1405DF

- PM10/PM2.5/PM-Coarse粒子を同時にリアルタイムで計測、揮発性物質にも対応 -

概要

カタログダウンロード[PDF]


TEOM1405-DFは、Thermo Scientific社の秤量原理(振動素子式マイクロ天秤)を用いて、Fine粒子(PM2.5)、Coarse粒子(PM10-2.5)の質量変化を直接かつリアルタイムに計測できる自動連続モニターです。
秤量素子の先端にフィルタカートリッジ(φ11 mm)が取り付けられ、固有の周波数を出しながら振動しています。フィルタカートリッジに粒子がろ過捕集されると周波数が減衰しますが、この周波数変化量を計測することで捕集質量を算出します。
また、本機には、FDMS (Filter Dynamics Measurement Systems) が内蔵されており、揮発性物質の算出(補正)が可能です。

関連機器




  • SHARP5030iTD


    詳細な1時間値が得られるハイブリットモニタ


特徴

  • Activol™ 流量コントロールシステムを搭載
  • FDMS機能を用いて揮発性・非揮発性両方の粒子状物質の計測が可能
  • Fine粒子(PM2.5)、Coarse粒子(PM10-2.5)を同時に計測
  • コントロール部/センサー部/FDMSを一体化、よりコンパクトな装置
  • 操作が簡単なタッチパネル式を採用
  • FTPサーバー、イーサネット、USB、RS-232、RS485に対応
  • 米国環境庁(USEPA)の米国連邦規格(FEM)認証取得
  • TEOM原理を用いて、粒子質量を高精度に計測するリアルタイムかつ長期連続モニター

仕様

米国連邦規格 米国環境保護庁連邦規格(FEM)に申請中(PM10、PM2.5、PM-Coarse粒子計測)
メイン流量:3.0 LPM(Fine PMフィルタ), 1.67  LPM(Coarse PMフィルタ)
バイパス流量:12.0 LPM
安全規格 欧州規格 : EN61326:1997 +A1:1998 +A2:2001 +A3:2003
EN:61010-1
米国UL規格 : 61010-1:2004
カナダCSA規格 : C22.2 No. 61010-1:2004
米国FCC規格 : Part 15 Subpart B, Class B
装置の性能 計測範囲 : 0~1,000,000 μg/m3(1 g/m3
分解能 : 0.1 μg/m3
器差 : ± 2.0μg/m3(1時間平均)、± 1.0μg/m3(24時間平均)
計測精度 : ± 0.75%
データ リアルタイム質量濃度平均値計測 : 1 時間(6 分毎)
平均値計測時間 : 1 時間/8 時間/24 時間
データ出力 : 10 秒~24 時間
動作温度範囲 サンプルエアー温度:-40 ℃~60 ℃
センサー部/コントロール部の温度:8 ℃~25 ℃(オプションの雨よけシェルターが必要です)
サンプル流量 流量コントロール装置 :マスフローセンサーを使い、大気温度と圧力を測定し流量を一定に保ちます。
メイン流量:3.0 LPM(Fine PMフィルタ), 1.67 LPM(Coarse PMフィルタ)
バイパス流量:12.0 LPM
データ記憶装置 内蔵データ記憶装置 :最大500,000 レコード
フィルタメディア サンプルフィルタ:Pallflex TX40(13 mm)
サンプルコンディショナフィルタ:FRM型のフィルタカセットの中に47 mmフィルタ(4 ℃)が格納されています。測定後、このフィルタは分析可能です。
サンプルコンディショニング SES(Sample Equilibration System)ドライヤー:メイン流量の相対湿度を下げます。
パージフィルタコンディショナー:内蔵の熱交換器がメイン流量温度及び捕集フィルタを適温の4 °Cに保ちます。
データ入出力 ePortSoftware:PCからシステムオペレーションの表示と変更が可能
タッチパネルインターフェイス
イーサーネット(FTPサーバー内蔵)、USB、RS232、RS485
ユーザ定義の8 点アナログ出力:0-1又は0-5 VDC(電流出力)
電源 本体:100-240 VAC、440 VA、47-63 Hz
ポンプ:120 VAC/60 Hz:4.25 A ; 240 VAC/50 Hz:2.25 A
寸法/重量 本体:43.2(W)× 48.3(D)×127(H)cm
重量:34 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。