製品情報

ポータブル型THC&NMHC分析装置 Nutech 3000

2台のFIDを搭載したTHC&NMHCアナライザ

概要

カタログダウンロード[PDF]


発生源のガスサンプルは高温・高湿度の状態が多いですが、VOC計測にはラボ用分析装置が多く用いられています。しかし、ラボ分析ではサンプル収集・輸送する間にサンプル損失、吸着および劣化を引き起こすことがあり、これは計測結果に影響をもたらしてしまいます。また、ラボ分析はタイムリーな結果を得ることができず、急を要する計測には適していません。


Nutech社は既存製品をベースに多くの改良を施したポータブル型THC(全炭化水素)&NMHC(非メタン炭化水素)分析装置 Nutech 3000を開発しました。


特徴

  • THC、NMHCを一台で同時に計測・分析が可能

  • 触媒酸化+二重FID設計により、高い交換効率(95 %以上)を実現

  • 加熱可能サンプリング配管、高精度流量制御などにより、テスト結果の信頼性が高い

  • 広い測定範囲及び低い検出限界(測定範囲:0~10/100/1000/10000 mg/m3; 検出限界:50 ppb (カーボンで算出))

  • 1秒毎に結果表示、簡単なデータ処理

  • 小型・軽量化(12㎏未満)を実現、バッテリー内蔵で持ち運びが可能

  • 低ランニングコスト

応用例

  • 各国監督省庁による環境監査
  • 分析会社によるVOC試験
  • VOC対策の有効性評価
  • 化学・印刷・染色・スプレー塗装事業者から排出されるVOCの自己点検
  • キッチンオイルヒュームの現場計測
  • 現場据置型VOC分析装置との現場比較
  • 燃焼装置排ガスのVOC排出計測

仕様

検出方法

触媒酸化+二重FID

計測範囲

0~10/100/1000/10000 ppm (自動変更)

検出限界

50 ppb (カーボンで算出)

ゼロドリフト

≤±1 % フルスケール/8H

スパンドリフト

≤±1 % フルスケール/8H

再現性

≤±0.1 % フルスケール

表示エラー

≤±1 % フルスケール

変換効率

≥ 95 %

データ分解能 (T90)

THC ≤ 2s; NMHC ≤ 2s

動作環境

温度: -20 ℃~50 ℃
相対湿度: < 95 %
大気圧: 80~106 kPa

電源

DC24V, AC (100-240±10%) V/(50±2%) Hz

寸法

370 × 260 × 397 mm

重量

< 12 Kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。