製品情報

大気用TEOMディコトマスモニター 1405D

-バーチャルインパクターを有しPM10/PM2.5/PM-Coarse粒子を同時にリアルタイムで計測-

概要

カタログダウンロード[PDF]


Thermo Scientific社のTEOM 1405-Dディコトマスモニターは、大気中のPM10、PM2.5、PM-Coarse(PM10-2.5)粒子を同時にリアルタイムで計測する自動連続モニターです。
本モニターは、TEOMセンサーが二つ装備されています。このセンサー部とタッチパネル付きコントロール部が一体となっており、コンパクトにまとめられています。
PM10インレットとバーチャルインパクターを組み合わせる事により、PM10、PM2.5、PM-Coarse粒子の同時計測が可能です。タッチパネル画面で表示される計測は、マイクロプロセッサーの内部データロガーに蓄積されます。

関連機器


  • SHARP5030iTD

    詳細な1時間値が得られるハイブリットモニター

特徴

  • Activol 流量コントロール
  • PM10、PM2.5、PM-Coarse粒子を同時にリアルタイム計測
  • タッチパネル式で簡単操作
  • FTPサーバー、イーサネット、USB、RS232、RS485通信対応
  • コントロール部とセンサー部が一体化したコンパクトな装置

仕様

安全規格 欧州規格 : EN61326:1997 +A1:1998 +A2:2001 +A3:2003

EN:61010-1

米国UL規格 : 61010-1:2004

カナダCSA規格 : C22.2 No. 61010-1:2004

米国FCC規格 : Part 15 Subpart B, Class B
装置の性能 計測範囲 : 0~1,000,000 μg/m3(1 g/m3

分解能 : 0.1 μg/m3

器差 : ± 2.0 μg/m3(1時間平均)、 ± 1.0 μg/m3(24 時間平均)

計測精度 : ± 0.75 %
データ リアルタイム質量濃度平均値計測 : 10~3600 秒(初期設定:10 分)

平均値計測時間 : 30 分/1 時間/8 時間/24 時間

データ出力 : 2 秒毎
動作温度範囲 サンプルエアー温度:-40 ℃~60 ℃

センサー部/コントロール部の温度:8 ℃~25 ℃(オプションの雨よけシェルターが必要です)
サンプル流量 流量コントロール装置 :マスフローセンサーを使い、大気温度と圧力を測定し流量を一定に保ちます。

メイン流量:3.0 LPM(Fine PMフィルタ), 1.67 LPM(Coarse PMフィルタ)

バイパス流量:12.0 LPM
データ記憶装置 内蔵データ記憶装置 :最大500,000レコード
フィルタメディア サンプルフィルタ:Pallflex TX40(13 mm)
データ入出力 ePortSoftware:PCからシステムオペレーションの表示と変更が可能

タッチパネルインターフェイス

イーサーネット(FTPサーバー)、USB、RS232、RS485

ユーザ定義の8点アナログ出力:0-1又は0-5 VDC(電流出力)
電源 本体:100-240 VAC、440 VA、47-63 Hz

ポンプ:120 VAC/60 Hz:4.25 A ; 240 VAC/50 Hz:2.25 A
寸法/重量 本体:43.2(W)× 48.3(D)×75(H)cm

重量:18 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。