製品情報

凝縮粒子カウンター(2.5nm対応) CPC3776(生産終了)

- 最小検出限界2.5 nmを可能にしたブタノール型CPC -

概要

カタログダウンロード[PDF]


※この製品は生産を終了しました

モデル3776はナノサイズのエアロゾル用に設定されており、最小2.5nmまで検出できる凝縮ナノ粒子カウンターです。

最短0.8秒(T95)という素早い応答性が特徴です。さらに、モデル3082静電分級器と組み合わせる事によりTSI Scanning Mobility Particle Sizer (SMPS)として使用することも可能です。

特徴

  • 停電後に自動立ちあげ
  • 応答時間がT95<0.8秒
  • 最小検出粒径が2.5nm
  • USB、イーサネット接続が可能
  • SMPSとして使用が可能
  • LCDディスプレーにより、個数濃度の経時変化、装置の状態などが判る
  • 高いエアロゾルフロー(0.05LPM)により、確実なカウント
  • サチュレーター部が外せる事により、移動時やメンテナンス時も便利
  • メモリーカード内蔵により、装置単体でデータ保存も可能
  • ブタノールの液漏れ防止、ウォーターリムーバルシステムの採用により凝縮水の排水が自動化
  • シングルカウンティングモードのみで300,000個/ccまで検出

応用例

  • 燃焼・自動車排ガスの研究
  • 吸入・暴露実験
  • 燃焼・自動車排ガスの研究
  • 屋内外の環境モニタリング
  • フィルター、空気清浄機の性能テスト
  • 粒子生成等の研究
  • 健康影響のテスト
  • 環境モニタリング
  • ナノテクノロジーの研究 
  • パーティクルカウンターの較正 (リファレンスとして)
  • 環境・気象の研究
  • 3Dプリンター研究 他
  • 基礎エアロゾルの研究

仕様

粒径範囲 検出限界径:2.5 nm(Sucroseの場合)
最大粒子径:3 µm
対応濃度 シングルカウントモード:0~3×105 個/cc
濃度精度 <3× 105 個/cc ±10 %
応答時間 High flowの場合:<0.8 秒(T95の場合)
Low flowの場合:<5 秒(T95の場合)
流量 エアロゾルフロー:0.05±0.005 LPM
センサー流量:0.3±0.015 LPM(シースとエアロゾルフローの合計)
High flowの場合:1.5±0.05 LPM
Low flowの場合:0.3±0.015 LPM
吸引源:ダイヤフラム式真空ポンプ内蔵
流量コントロール:クリティカルオリフィス(差圧からポンプを制御)
動作温度 サチュレーター部:39±0.2 ℃
コンデンサー部:10±0.2 ℃
検出部:40±0.2 ℃
疑計数 <0.01 個/cc(12時間平均値)
気相環境 エアー(窒素、アルゴン、ヘリウム) 仕様はエアーでの場合
作動環境 作動温度:10~35 ℃
作動湿度:0~90 % RH
作動大気圧:75~105 kPa
凝縮液 液体:n-ブチルアルコール
供給システム:自動制御
ウォーターリムーバルシステム:マイクロポンプにより使用済み凝縮液を処理
通信 プロトコル:ASCⅡ
インターフェイス
RS-232C:D-Sub 9Pin
USB:type B, USB 2.0
Ethernet:8 wire RJ-45, 10/100 BASE-T, TCP/IP
データログと保存 SD/MMCフラッシュメモリー
移動平均時間 1, 2, 3, 4, 5, 6, 10, 12, 15, 20, 30 又は60秒
(フロントパネルでの操作の場合)
ソフトウエア上より他にも選択可能
アナログ入力 0~10V(BNCケーブル×2本)
出力 本体表示:濃度VS時間のグラフ、時間、トータル個数、ステータス(温度、大気圧、レーザーパワー、流量値など)
アナログ:BNC、0~10V、(linear/log濃度又はDMA電圧制御)
パルス:BNC、TTLパルス(400nm sec)
ソフトウエア:AIMソフトウエア(RS232C/USB接続)
較正 年1回推奨
電源 100~240VAC、50/60Hz、最大335W
寸法 H25×W32×D37 cm
(供給ボトルと固定具は除く)
重量 9.9 kg

※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。

関連機器・参考情報