詳細情報

『人とくるまのテクノロジー展2021 オンライン』に出展します

『自動車技術展:人とくるまのテクノロジー展』は、自動車業界の第一線で活躍する技術者・研究者のための自動車技術の専門展です。今年の自動車技術展はオンライン展示会での開催となり弊社も出展します。

 

[オンライン]
会期 2021年5月26日(水)~7月30日(金)

閲覧には登録が必要になります。

 

オンライン展示会の当社ページでは、最新の排気微粒子計測、粒子発生装置などアプリケーションに合わせた研究機器を紹介しております。また今回は、ブレーキ摩耗粉計測、ゼロエミッションに向けた排気ガス計測手法の提案、DPF/GPF開発に役立つスス粒子発生装置、エンジンオイル関連の分析装置をテーマに展示しております。
それ以外にも、自動車の研究開発分野に関わるご相談などありましたらご連絡ください。

ご不明な点等ございましたら、問い合わせフォーム[https://www.t-dylec.net/contact/]または、
問い合わせメール[info@tokyo-dylec.co.jp]にてご連絡ください。

 

【展示機器】

  • EEPMS 3095

    低倍率希釈/ロス率低減/高い背圧でのサンプリングに対応した、GPF/DPF/自動車触媒評価用粒径分布計測器

  • PMセンサー

    エンジン排ガスを希釈無しでダイレクトにサンプリング。低温環境(~マイナス20℃)PN計測に対応した軽量・小型PMセンサー

  • Compact Air-X

    エンジンオイル中のエアレーション含有率をオンラインでリアルタイム計測

  • Catalytic Stripper

    次期欧州排ガス規制[Sub23nm]で検討されている揮発性粒子除去装置

  • eDiluter Pro

    低倍率から設定可能なポータブル希釈システム/希釈率、希釈温度などをすべてフロントパネルで制御/希釈後の流量が50L/min以上でさまざまな粒子計測器の接続が可能

  • AQ Guard

    粒径/PM2.5/PM10およびCO2濃度を用いて算出される空気指数(IRI)を計測できる小型マルチ計測器

  • ナノ粒子ジェネレーター

    さまざまな材料を高純度にナノ粒子化、安定したエアロゾル発生で、多様なアプリケーションに対応