東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
ホーム > サポート > CPC校正サービス
サポート
 
CPC校正サービス TSIサービスセンター認定書

米国TSI社認定のサービスセンターとして、凝縮粒子カウンター(CPC)の校正サービスを開始いたしました。

1.サービス概要
(1) 点検・校正サービス:
清掃、点検、調整、校正、動作確認、試験成績書作成
(2) オーバーホール・校正サービス:
清掃、点検、消耗部品の交換*1、調整、校正、動作確認、試験成績書作成、3ヶ月間の動作保証付き*2
2.サービス該当モデル
3010、3022A、3025A、3771/3772、3775、3776、3010D*3、3790*3
3.サービス料金
別途お見積りにて対応させていただきます。
「8.お申し込み方法」の「CPC校正依頼書」に必要事項をご記入の上、弊社サービスセンターまでFAX(03-5312-5528)にてお申し込みください。
後日、弊社担当者から料金・納期につきましてFAXまたはメールにてご連絡いたします。
4.定期メンテナンス・校正のご推奨
TSI製品については、ご購入後1年間の保証が付いていますが、保証期間以降もより長く正常な状態を保つためには、最低年1回の定期的なメンテナンス及び校正をご推奨致します。
5.校正サービスの利点

(1) 日本国内で校正を実施致しますので、米国のTSI社に送るより迅速な対応が可能となります。
(2) メーカーであるTSI社にサービスセンターとして認証されておりますので、TSI社と同等な校正サービスをご提供できます。
(3) 弊社の個数標準器であるエアロゾルエレクトロメータ(一次標準器)は、国家標準である産業技術総合研究所の標準器で校正され、二次標準器のCPCも一次標準器で校正されたものを使用しておりますので、弊社標準器で校正されたCPCは信頼性の高い校正結果が得られます。
(4) 長期間のご使用により、カウント値が低下するCPCもありますが、校正サービスには各部の調整が含まれますので、標準器を基準に規定範囲内に収まるよう調整致します*4
(5) オーバーホール・校正サービスには3ヶ月間の動作保証が付きます。
(6) 定期的な点検・オーバーホール・校正を実施することで、高精度を保ちトラブルを未然に防止できます。
6.校正サービスの納期
(1) 点検・校正サービス: 2〜3週間
(2) オーバーホール・校正サービス: 3〜4週間
※時期等により納期が変動する場合もございます。詳細はお見積書にてご連絡させて頂きます。
7.お申し込み方法
下記「CPC校正依頼書」をダウンロードいただき、必要事項をご記入の上、下記弊社サービスセンターまで、FAXにてお申し込みください。

<CPC校正依頼書(PDF)>
8.お問い合わせ・お申し込み窓口
東京ダイレック株式会社 技術部 サービスセンター
〒160-0014 東京都新宿区内藤町1 内藤町ビルディング

電話 03-5312-5526
FAX 03-5312-5528
◆注釈の説明
*1:消耗部品の交換には、チューブ、Oリング、各種フィルター、Wick、ポンプまでが含まれます。ボードやレーザー等に関しては別途費用が掛かります。
*2:本保証は、3ヶ月間の基本動作を保証するもので、校正時のカウント効率を3ヶ月間維持することを保証するものではありません。この期間中に起こった故障で初回は保証内となりますが、2回目以降は有償となります。また取扱説明書に記載されている操作方法、又は接続方法以外の使用に起因する故障に対しては保証外となります。
*3:3010D及び3790の校正には、一次標準器を使用します。また、その他のCPCの校正には二次標準器を使用します。
*4:3010や3010Dには、一部調整できないものもあります。
Page Top
サポートトップ
CPC校正サービス
お問い合わせ
| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.