東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > フィルター・マスク試験器 > フィルター効率自動検出装置 8127/8130
フィルター効率自動検出装置 8127/8130 TSI ロゴ

− 簡易操作でフィルターの粒子捕集効率を迅速に計測 −
<概要>

モデル8127/8130は、簡易操作で、フィルターの粒子捕集効率を迅速且つ正確に計測できます。(1分間に5枚のフィルターメディアの判定が可能)

装置前面にはタッチパネル式ディスプレイがあり、フィルタホルダー部に被験フィルターをセットするだけで、短時間(10秒)に試験結果を表示します。

内蔵のマイクロプロセッサーは、自己診断機能を有する事から、高精度なデータを得られます。さらに装置の操作手順、動作進行状況等も表示しますので、人為的ミスもなく、容易に利用できます。

フィルター効率自動検出装置 8127/8130
カタログダウンロード (PDF 436KB)
<特徴>
  • マイクロプロッセッサーによる自動化で、操作が極めて簡単であります
  • 捕集効率 99.999 %(透過率 0.001 %)まで対応します
  • 正確なサンプル流量とフィルター圧力損失を計測します
  • 自己診断機能を有します
  • 検出器のゼロ/スパン調整は必要ありません
  • RS-232 を介して PC のデータを転送します
  • ユーザー設定に応じ、合格 / 不合格を表示します
  • 発生粒子は最も透過率の高い粒子径(0.2 µ 付近)で発生します
  • 粒子検出器を 2 台有します(フィルターの上流 / 下流の同時計測)
<仕様>
発生粒子 PAO(ポリアルファオレフィン)
DOP(ジオクチルフタレート)
DOS(ジオクチルセバケート)
パラフィン
NaCl(モデル 8130 のみ)
PAO の例 質量中央径 0.33µm
個数中央径 0.20µm
幾何標準偏差 1.6 以下
濃度 50 〜 200 mg/m3
NaCl(8130 のみ) 質量中央径 0.26µm
個数中央径 0.075µm
幾何標準偏差 1.83 以下
濃度 12 〜 20 mg/m3
対応濃度 0.001 〜 200 mg/m3
流量範囲 15 〜 100 LPM(精度 フルスケール 2 %)
圧力範囲 0 〜 15 cmAq(精度 フルスケール 2 %)
圧力精度 ±0.15 % 読取値
効率範囲 捕集効率 0 〜 99.999 %
透過率 0.001 %
出力 ディスプレイ(240 文字)、プリンター、RS-232
電源 115 VAC 60 Hz 5.5 A
230 VAC 50 Hz 2.8 A
エアー源 0.55 MPa 198 LPM(標準流量)
寸法 H 1470 × W 719 × D 690 mm
重量 168 kg
※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
資料請求・お問い合わせ
Page Top

| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.