東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > 粒子カウンター > 自排用凝縮粒子カウンター EECPC 3790
自排用凝縮粒子カウンター EECPC 3790 TSI ロゴ

− PMPに準拠、検出最小粒径23nm、自排ガス微粒子用凝縮粒子カウンター −
<概要>

モデル3790 Engine Exhaust Condensation Particle Counter(EECPC)は、自動車排ガス用のCPCで、モデル3010Dの後継モデルとして新しく開発されました。前モデルと同様、EECPCはニュークリエーションモードのナノ粒子を測定対象外とするため、最小検出粒径を約23nmとしております。

EECPCは、ブタノール漏れによる装置トラブルを防ぐため設計を改良し、またメンテナンス性を向上するためサチュレーター部の取り外しを可能にしました。更に、USBポートを用いた通信機能も追加されているので操作性も充実しています。

自排用凝縮粒子カウンター EECPC 3790
カタログダウンロード (PDF 322KB)
<特徴>
  • PMP(Particle Measurement Programme)の求める基準に対応
  • D50 ,D90の各検出粒径がPMPの規定する範囲内に収まる
  • 1〜10,000(個/cc)の個数レンジで、エレクトロメーターとの相関係数(R2)が0.95以上
  • トレーサブル基準に対して±10%の個数精度
  • シングルカウントモードを用いたフルフロー操作
  • 0.1個/ccの高分解能を有する
<仕様>
検出粒径 D50 : 23nmにて50%±12%
D90 : 41nmにて>90%
最大検出粒径 >3μm
対応濃度 0〜1×104個/cc (シングルカウントモード)
濃度精度 ±10%
較正方法 単分散粒子とエレクトロメータを用いた較正
相関係数 1〜1×105個/ccの個数範囲でR2は0.95以上
サンプル流量 1.0LPM
流量コントロール クリティカルオリフィス(吸引ポンプが別途必要)
応答時間 <5秒 (T95の場合)
移動平均時間 フロントパネル操作により1,2,3,4,5,6,10,12,15,20,30又は60秒
(ソフト上で他にも選択可能)
疑計数 <0.001個/cc
作動環境 作動温度: 10〜35℃
作動湿度: 0〜90% RH
作動気圧: 75〜105 kPa
凝縮液 n-ブチルアルコール
凝縮水除去 マイクロポンプにより使用済み凝縮水を自動的に除去
通信 プロトコル:ASCU
インターフェース:RS-232C D-Sub 9pin
USB 2.0 タイプB
イーサネット
出力 アナログ: BNCコネクター(0〜10V)
パルス: BNCコネクター TTLパルス
アナログ入力 BNCコネクター×2本(0〜10V)
データ保存 SD/MMCメモリーカード
ソフトウエア Aerosol Instrument Manager(AIM)ソフトウエア
較正 年1回推奨
電源 100〜240VAC, 50/60Hz
ポンプ 60kPa以上
本体正面 サンプルインレット
表示ランプ(Particle、Status)
2ラインLCDディスプレイ
寸法 260×180×250mm(HWD)
(供給ボトルと固定具は除く)
重量 5.5 kg
※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
資料請求・お問い合わせ
Page Top

| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.