東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > 粒子カウンター > 凝縮粒子カウンター CPC 3772
凝縮粒子カウンター CPC 3772 TSI ロゴ

− 小型ブタノール型CPC。スタンダードタイプで最小検出粒径10nmに対応 −
<概要>

モデル3772凝縮粒子カウンター(CPC)は、コンパクトながら、従来型CPCの特徴を全て兼ね備えたカウンターです。

最小検出粒径10nm、サンプル流量1.0LPM、濃度限度は、104個/cm3まで検出できます。

本モデルは、基礎エアロゾルの研究、フィルター&エアークリーナーテスティング、パーティクルカウンターの較正、大気モニタリング、気象研究等の高濃度計測が必要のない分野に適しています。

凝縮粒子カウンター CPC 3772
カタログダウンロード (PDF 315KB)
<特徴>

本モデルは、前モデル3010に下記の改良を加えました。
  • 応答性 T95<3sec
  • ブタノール対策として、オプティクス強化、インレット流量の制限コンデンサーの水分除去
  • データロガー内蔵及びメモリカードにデータ保存可能
  • 停電時の自動復旧
  • LCDで濃度、トータルカウントおよび、装置の状態が確認可能
  • USB、イーサネット対応
<応用例>
  • 基礎エアロゾル研究
  • 室内清浄計測
  • フィルター及び空気清浄試験
  • 大気及び気象研究
  • 粒子生成研究
  • 燃焼とエンジン排ガス研究
  • 吸入・暴露チャンバー試験
  • 健康影響試験
  • 大気モニタリング
  • ナノテクノロジー研究
  • パーティクルカウンターの較正
  • 排ガス粒子研究
<仕様>
粒径範囲 検出限界径:10 nm(Sucroseの場合)
最大粒子径:3 µm
対応濃度 シングルカウントモード:0-104 個 / cc
濃度精度 <104 個/cc ±10 %
応答時間 <3秒(T95の場合)
流量 サンプル流量:1.0±0.1 LPM
吸引源:外付けポンプ
流量コントロール:クリティカルオリフィス
(差圧からポンプを制御)
動作温度 サチュレーター部:39±0.2 ℃
コンデンサー部:23±0.2 ℃
検出部:40±0.2 ℃
疑計数 <0.01 個/cc (40時間平均値)
気相環境 エアー(窒素、アルゴン、ヘリウム)
※仕様はエアーでの場合
作動環境 作動温度:10〜35 ℃
作動湿度:0〜90 % RH
作動大気圧:75〜105 kPa
凝縮液 液体:n-ブチルアルコール
供給システム:自動制御
ウォーターリムーバルシステム:マイクロポンプにより使用済み凝縮液を処理
通信 プロトコル:ASCU
インターフェイス
RS232C:D-Sub 9pin
USB:type B, USB 2.0
Ethernet:8 wire RJ-45, 10/100 BASE-T, TCP/IP
データログと保存 SD/MMCフラッシュメモリー
移動平均時間 1, 2, 3, 4, 5, 6, 10, 12, 15, 20, 30 又は60秒
(フロントパネルでの操作の場合)
ソフトウエア上より他にも選択可能
アナログ入力 0〜10 V (BNCコネクター×2本)
出力 本体表示:濃度VS時間のグラフ、時間、トータル個数、ステータス(温度,大気圧、レーザーパワー、流量値など)
アナログ:BNC接続、0〜10V、(linear/log濃度、又はDMA電圧制御)
パルス:BNC接続、TTLパルス(300 nsec)
ソフトウエア:AIMソフトウエア(RS232C/USB接続)
較正 年1回推奨
電源 100〜240 VAC、50/60 Hz、最大210 W
ポンプ min 60 kPa (ゲージ圧)
本体正面 LCD TFT QVGA(320×240ピクセル)
5.7インチ、カラーディスプレー、サンプルインレット
LCD表示、操作ボタンx6、フラッシュメモリー挿入口
本体背面 電源接続口、USBコネクター、Ethernetコネクター
9ピンD-サブコネクター(2)、BNC入力(2)、BNC出力(2)
ファン ブタノール供給口、ブタノール排水口
ポンプ排気ポート、供給ボトルと固定具
寸法 H26×W18×D25 cm(供給ボトルと固定具は除く)
重量 5.5 kg
※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
<関連機器・参考情報>
資料請求・お問い合わせ
Page Top

| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.