東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > 大気モニター > ハイブリッドモニター SHARP 5030
ハイブリッドモニター SHARP 5030 Thermo ロゴ

− 光散乱法とベータ吸収法をハイブリッド使用し、高精度にPM10又はPM2.5を測定 −
<概要>

ハイブリッドモニター SHARP 5030は、光散乱法とベータ線吸収法を用いて大気中の浮遊粒子状物質を測定します。
このSHARPモニターは、PM10/2.5のネフェロメーターを使用して補正する、独自のデジタル・フィルタリングを使用しています。
高い検出限界と時間分解能を有しており、リアルタイムで連続的に粒子を測定します。
IMR(Intelligent Moisture Reduction)システムは、サンプル上流部の湿度センサーと接続したヒーティングシステムをコントロールし湿度を調節します。このシステムは、湿度による影響を除去する必要がある場合にのみ加熱を行うので、揮発性物質の損失を最小限に抑えながら正確な測定を可能にします。
SHARPモニターは簡単に設置可能で、またパラメーターのセットアップや起動も容易に行えます。装置のメンテナンスは1年に1回のみで整備手間が最小限で済みます。

ハイブリッドモニター SHARP / 5030
カタログダウンロード (PDF 408KB)
<特徴>

  • 米国環境庁(USEPA)の米国連邦規格(FEM)認証取得
  • 高い検出限界  0.5μg/m3 (1時間値)
  • 連続的に校正を行いながら、高い時間分解能で粒子を正確に測定
  • IMRシステムにより、揮発性粒子の損失を防ぎ、湿気の影響を除去
  • デジタル・フィルタリングで連続的な校正更新
  • FRM法と優れた相関性

<仕様>
測定方式 ベータ線吸収法 / 光散乱法
測定範囲 0〜1,000μg/m3 / 0〜10,000μg/m3
検出限界 0.5μg/m3(1時間値)
精度(1時間値) ± 2μg/m3 <80μg/m3
± 5μg/m3 >80μg/m3
時間分解能 1分(4秒毎更新)
再現性 ± 2μg/m3(24時間値)
スパンドリフト 0.02%(1日)
ディスプレイ分解能 0.1μg/m3(内部のログデータ/表示データ)
FRM法との比較  ± 5%以内 (24時間値)
光源 IRLED, 6mW, 880nm
線源 C14 3.7MBq
検出器  オプティカル:シリコン/複合アンプ
ベータ線:比例計数管
流量 16.67LPM(0-20LPM、ユーザー選択可能)
データ出力 アナログ出力: 4-20mA又は0-10V
デジタル出力: RS232 2ポート
動作温度 -30〜60℃
電源 本体:100-240V 50/60Hz
ポンプ:100-110V / 100-120V 50/60Hz
電力 本体:最高330W(ポンプとヒーターがない場合は15W)
ポンプ:100W
寸法 本体:W483×H311×D330 mm
ポンプ:W210×H222×D108 mm
※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
資料請求・お問い合わせ
Page Top

| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.