東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > 分級器 > バーチャルインパクター VI-PM2.5
バーチャルインパクター VI-PM2.5 Tokyo Dylec ロゴ

− JIS/ISO規格に準拠した煙道排気中PM2.5/PM10のサンプリングに対応 −
<概要>

 バーチャルインパクターVI-2.5は、2段バーチャルインパクターを用いて粒子群を10μm以上,10〜2.5μm,2.5μm以下と3種類に分粒しサンプリングすることが可能な製品です。
  バーチャルインパクター方式は従来のカスケードインパクター方式やサイクロン方式での分粒と違い、再飛散や粒子の跳ね返りなどを防げるので、 より正確な煙道計測ができる構造になっています。

 また、吸引瞬時流量や積算流量をデジタル表示可能なモニタリングユニットとロガーを併用することにより、記録ができ、流量監視作業の負担を軽減することも可能となります。

 本製品はJIS Z 7152-2013「バーチャルインパクターによる排ガス中のPM10/PM2.5質量
濃度痩測定方法 」に準拠しております。(ISO 1327-2012)

アンダーセンスタックサンプラー AS-500
カタログダウンロード (PDF 455KB)
<特徴>
  • 粒子を10μm以上、10〜2.5μm、2.5μm以下に分級してサンプリング可能
  • 他方式の分級と違い、粒子の再飛散、跳ね返りが防げる
  • モニタリングユニットとロガー併用により、流量監視作業を軽減
  • 吸引流量 PM2.5:10.3 L/min, PM10-2.5:1.2L/min, PM10以上:1.0L/min
<応用例>
  • 煙道排気中粒子のサンプリング
  • 空気浄化装置スクラバー
  • 電気集塵機等の粉塵の粒径効果及び効率の評価
  • 集塵率・捕集率を決めるエンジニアリングデータ収集
  • 高温、腐蝕ガス等悪条件下における分級捕集 他
<仕様>
    対応規格:JIS Z 7152-2013 および ISO 13271-2012
外形寸法
V.I本体 L150mm×φ77mm
吸引ノズル
先端口径 φ3.5mm/φ4mm/φ4.5mm/φ5mm/φ6mm (選択式)
吸引流量 PM2.5:10.3 L/min, PM10-2.5:1.2L/min, PM10以上:1.0L/min
※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
資料請求・お問い合わせ
Page Top

| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.