東京ダイレックは粒子計測/流体計測のトータルソリューションを提供いたします。
Dylec 東京ダイレック
サイトマップ関連リンクプライバシーポリシー
ホーム 製品情報 技術情報 展示会・イベント サポート 会社案内 お問い合わせ
ホーム > 製品情報 > 粒径分布計測器 > ディーゼル微粒子計測装置 LI2SA
ディーゼル微粒子計測装置 LI2SA ESYTEC ロゴ

−自動車から排出される煤粒子の一次粒径及び質量濃度をリアルタイムに計測−
<概要>

本装置は、レーザー誘起白熱法という原理を用いており、自動車から排出される煤粒子の一次粒径及び質量濃度をリアルタイムに計測します。

計測方法は、最初にセンサーヘッド部を通過する排気粒子に対してレーザーパルスを直接照射し、スス粒子を4000〜5000Kまで加熱します。そして、この際にスス粒子が発する熱輻射の減衰率を検出する事で一次粒子径を求めています。また、熱輻射のピーク値を検出することで質量濃度を計測しています。

ディーゼル微粒子計測装置 LI2SA
<特徴>
  • トランジェント走行に対応できる高い時間分解能を有する。(<1S) (高DATA転送率)
  • 質量濃度100 µg/m3以上が計測できる(スス表面積、一次粒子径も可能)。
  • 計測可能な粒径範囲は10〜100 nm。
  • 希釈装置やサンプリングププロープを必要とせず、排ガス中の粒子を直接計測することが可能。
  • 専用ソフトウエアで簡単操作。
<仕様>
測定値: SOOT質量濃度(mg/m3),一次粒子径(nm),表面積(m2/mg)  個数濃度(個/m3
測定レンジ: 質量濃度 0.01〜5 mg/m3(CVS),0.01〜200 mg/m3(Raw Gas)
粒子径 10〜100 nm
表面積 0.03〜0.3 m2/mg
個数 1×1010〜1×1017 個/m3
質量分解能: 0.001 mg/m3
検出限界及びドリフト: 10 µg/m3以下 (SOOT質量)
精度: R2>0.95(Colometric analysisとの比較)
再現性: 1〜10 %(SOOT質量濃度)
1〜5 nm(一次粒子径、濃度に依存)
DATA転送率: 20 Hz(質量濃度と一次粒子径計測同時にて)
電源: 100〜115 VAC 1 KVA
寸法・重量: キャビネット 600x800x600 mm 135 Kg
センサーヘッド 500x1000x500 mm 30kg
使用環境温度: 15〜35 ℃
湿度: 10〜90 %
対応排ガス温度: 550 ℃以下
CVSは60 ℃以下
対応排気圧: 1000〜1500 mbar
エアー源: 5 bar 200 LPM
冷却水源: 3 bar 10 LPM
※仕様は予告なく変更される場合がありますのでご了承ください。
資料請求・お問い合わせ
Page Top

| ホーム | 製品情報 | 技術情報 | 展示会・イベント | サポート | 会社案内 | お問い合わせ |
(C) 2006 Tokyo dylec corp. All rights reserved.